So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

間引き大根 [自然農]

自然農の畑で順調に育っている大根。

今日、その成長を確認しながら
少し混み合っているところを間引きました。

直播きして育てているので何度か間引きをしていますが
それでもよく見ると、もう少し間引いた方がよさそうな
ものも出てくるんですね。

畑を始めた頃は、
間引くのがなんだかもったいない気がして
結局、混み合ったまま小さな細い大根しか
できなかったものです。

IMG_3548.jpg

間引いてみると
思ったより長い大根が出てきました。
この段階で35㎝の長さがありましたので
今年の出来はいいようです。

IMG_3550.jpg

IMG_3549.jpg

育てているのは2種類なのですが
どちらも昨年自家採種した種を蒔いています。

いや、もう1種類ありました。
別畝で小さな辛味大根を育てていました。


さてさて今夜はこの間引き大根を頂きます。
絶対美味しいぞ!


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらぽちっとお願いします。


人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(4) 

山ごぼうの収穫と味噌漬け作り [自然農]

今年の6月に種まきをした山ごぼうに
花が咲き出しました。

待てよ?
花が咲いたらまずいよね。

花は翌年に塔立ちして咲くものと認識していたのに
どうしてかな?
と、調べてみると、
私が種まきしたごぼうは、一般的によく栽培されるごぼうと違って
山に自生するモリアザミの栽培用で
秋に花が咲くとありました。
そして根をごぼうとして食べるには
花が咲く前に収穫するとありました。

えっ!そうなんだ。

花が咲いたのは一株だけでしたが
他の株も蕾がいっぱいできています。
まだあまり太くなっていないのになあと思いながら
収穫に踏み切りました。

山ごぼう(モリアザミ)の花は
まさしくアザミの花でとても綺麗な花です。

DSC_0014.jpg

DSC_0013.jpg

DSC_0011.jpg

さすがに野草らしい花を咲かせますね。
これで自生のモリアザミを見ても分かるような気がします。

さて花が咲き出してしまったものは
そのまま種取り用に回すことにして、
他の株を掘り出してみることにしました。

DSC_0005.jpg

これが花芽もなく一番太くてしっかりしたものです。
これを掘り出してまずまずのごぼうになっているようなら、
少し細くても他のものも掘ってみようと掘り出してみると、

DSC_0010.jpg

こんな感じで出てきました。

おお!立派なごぼうじゃん!

DSC_0020.jpg

長さは30㎝弱ですが、
元々山ごぼうは30~40㎝ということなので
これで十分なのではという判断で
他の株も(全部ではありませんが)掘ってみました。

DSC_0016.jpg

掘り出したのはこれだけです。

茎から切り取って、たわしをかけながら洗います。

DSC_0022.jpg

DSC_0024.jpg

保存するなら土をつけたままなのですが、
この時点で山ごぼうの味噌漬けを作ろうと思っていたので
ゴシゴシ洗いました。

そしてそれを1時間ほど水に浸けてアク抜きをします。

DSC_0025.jpg


アク抜きが済んだら適当な大きさに切って
水分を拭き取った後に味噌に漬け込みます。

味噌はお好みですが私は自家製の赤味噌。
それに少し砂糖を加えてごぼうを漬け込みます。
味醂を入れる人もいるようですが、入れませんでした。

IMG_3512.jpg

塗りつけるように全体に味噌が回るようにして、
後はラップをして蓋をしたら仕込み終了です。

IMG_3513.jpg

冷蔵庫で1週間ほど寝かせれば
きっと美味しい山ごぼうの味噌漬けが出来上がるはず?

初めてなのでどんな風に仕上がるかわかりませんが
たぶん美味しい味噌漬けが出来上がることでしょう。

楽しみです。

ブログランキングに参加しています。
よろしかったらぽちっとお願いします。


人気ブログランキング

nice!(0)  コメント(0) 

稲刈り終了

よくここまでこれたなあ!
というのが正直な実感。

知識も経験もなく、
なんとなく米作りもやってみたいと思っていた
同級生二人が、
あれよあれよという間に米作りを始めることになって、
どうせやるなら、不耕起、無肥料、無農薬でやりたいと
怖いもの知らずで始めてしまったという冒険でもありました。

やりながら起きてくる問題はその時その場で考えるという
スタンスで、案外気楽に考えながらやってきたようです。


そして今日10/9、めでたく稲刈りが終了いたしました。

パチパチ!

成長はイマイチ、収量もイマイチという印象ですが、
初めての米作りで、しかも株間30㎝、条間40㎝の1本植えで
よくここまで成長してくれたというのが実感でもあります。

ではざっくりと田んぼの様子をご覧ください。

まずは刈り取る前の様子から。
IMG_3413.jpg
品種はアキタコマチ

IMG_3211.jpg

IMG_3203.jpg
そして手前の少し大きな株のものがあさひ。

IMG_3213.jpg
黒米を少しだけ

刈り取る前はこんな感じでした。


それでは稲刈り終了時点での様子がこちらです。
IMG_3493.jpg

IMG_3494.jpg

感無量です。
美しい光景ですね。
昔ながらのハザ掛けをしてお米を乾燥熟成させます。

このハザは借り物ですが
貸してくださる人がいたこともミラクルです。

IMG_3446.jpg

初日は雨上がりのため、
このハザを一つ組み立てるところまでの作業でした。

そしてハザに刈り取った稲が掛けられると
俄然、それらしい光景になります。
この光景を夢見ていました。
IMG_3458.jpg

で、せっかくの稲刈りです。
私にとっては厳粛な儀式のようなものに思えます。
ということで、稲刈り用のノコギリ鎌を新調しました。

IMG_3439.jpg

普段は350円のノコギリ鎌を使っていますが、
この鎌は1000円以上しました。
お米に対する私の思い入れでもあります。

それでは刈り取った品種別のお米の様子です。
まずはアキタコマチ。
IMG_3483.jpg

実はこれは種籾用にするアキタコマチで
できるだけ充実したものを選んであります。

IMG_3473.jpg
そのためにこんな風に特別扱いしました。

次はあさひ
IMG_3482.jpg

アキタコマチと比べると
大きいですね。

そして黒米
IMG_3484.jpg

少ししか作らなかったのですが
もちもちの大変美味しいお米です。
普通のお米に黒米を少し混ぜるだけで
お赤飯のようになります。

IMG_3491.jpg

そして最後に黒いシートを被せました。
これは雨除けです。

IMG_3472.jpg

IMG_3490.jpg

IMG_3470.jpg

ハザ掛けは2週間の予定。
美味しくなあれと声をかけておきました。

その後、脱穀になります。

本来なら足踏み脱穀をやりたいところなんですが
脱穀機がないので別の場所での脱穀になります。
その辺はまた後日報告させていただきます。

まずは今日、稲刈りが終了してほっとしたところです。

何も分からないまま始めても、なんとかなるものですね。
それにいろんな学びがあって米作りの面白さにハマってきました。

また来年に向けていろいろと仕掛けをしたいと
企みも生まれてきました。

ブログランキングに参加しています。
稲刈りお疲れさん!と声をかけていただける方は
ぽちっとお願いします。


人気ブログランキング



nice!(0)  コメント(1) 

コットンボールが弾けてきました [自然農]

友人から頂いた綿の種を
畑の一角に蒔いてみたのが今年の5月。
順調に育って7月には白い花を咲かせ、
その花が萎む頃にはピンク色に変わることを知って驚き、
綿ができるのを楽しみにしていました。
そしていま、コットンボールが弾けて
白い綿が飛び出してきました。

IMG_3431.jpg

IMG_3432.jpg

IMG_3433.jpg

IMG_3434.jpg

IMG_3435.jpg

ところで綿を作ってどうするの?

そんな質問も聞こえてきそうですが
どうしましょう?

綿を紡いで糸を作ってみましょうか。
それとも綿入りのドテラでも作ってみましょうか。
そのためには綿が足りないな。
コットンボールを使った飾り物を作ってみるのも
面白いかも。
と、いろんなことが浮かびますが
全く未定。

綿を作ってみようなんて発想は全くなかったのに、
友達から種を頂いたことから、新たな展開が生まれる。
なんでも試してみると、
そこからいろんなものが見えてくる。
そこが面白いんですね。


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらぽちっとお願いします。


人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 

私のテン泊事情 [テント山行]

山が大好きな私は
基本的にはテント泊。
たま~に山小屋泊まりをすることもありますが、
やっぱり自分の空間が確保できるテントがいいと
テントを背負って山に登っています。

決して人嫌いではないですからね。
山小屋で見ず知らずの人と話が弾むこともあるし、
小屋の中は暖かいし、大勢で食べる食事もなかなかいいもんです。

でも一つだけやだなあと思うことは
混雑して一つの布団に3人なんてこともあって、
そんな経験もしているわけでして。

でまあ、基本的にテント泊をすることにして、
時と場合によって山小屋利用ということにしています。

今回9/29~9/30に火打山に登り
テン泊してきましたので、普段あまり紹介することのない
食糧事情なども含めて私のスタイルを紹介してみたいと思います。

まずは荷物全般から
IMG_3338.jpg

ザックはモンベルの55ℓのもので、
収納性と背負った時のフィット感がとてもよく
大変気に入っているザックです。
中に入っているフレームが自分の体に合わせて伸縮するようになっています。
このザックにしてから肩に食い込む傷みが全くなくなりました。

今回のザック全体の重量は13㎏。
かなり荷物を絞った結果の成果です。
以前は一泊二日で16~17㎏でしたので
かなりの工夫をしたことになります。

でも年齢を重ねてくると1㎏、2㎏の差が極めて重要で
とにかく軽くすることが体力温存につながります。

そして減らすことのできないカメラ機材。
カメラ2台に交換レンズ2本。そして三脚。
重量6㎏を超えてしまいます。

と言いつつも今回は三脚なし、
交換レンズ1本という訳あり機材でしたので
荷物の総重量が17㎏でした。

DSC_9855.jpg

IMG_3342.jpg

テントはICI石井スポーツのゴアテント2人用ですが、
居住性もよく重さも1.5㎏と軽いので気に入っています。
前室があるのも魅力的で登山靴を中に入れずに済むので
重宝しています。

でも最近の軽量テントでは1㎏を切るものもあるようなので
ちょっと気になるところでもあります。

さて荷物の中身ですが
ざっくりと中で広げてみるとこんな感じです。
DSC_0040.jpg

ザックは入り口左側にありますが
二人用のテントを一人で利用するとこんなに余裕があります。


そして気になる食糧なんですが、
DSC_0035.jpg

毎回同じようなものを詰め込んでいます。
本当はもう少しバリエーションに富んで美味しいものをと思うのですが、
この点は少し工夫が足りないようでして。

まあ美味しく頂けてるので
どんなものか紹介してみましょう。

IMG_3353.jpg

ラーメンですが、軽くて美味しくて早く調理できる
お気に入りラーメンです。
細麺なので2分で茹ります。
カップ麺も持ってきますがかさばるのが難点ですね。
パックは2人分で値段も格安の博多ラーメンです。

IMG_3355.jpg

そしてご飯系で気に入っているのがこのお赤飯。
アルファ米のもので少しお値段も高いのですが
もっちもちでとにかく美味しい。
お湯で15分、水で60分です。

IMG_3354.jpg

缶詰はサンマの蒲焼や焼き鳥缶を持ってくることが多いです。
缶詰は重いのですが、酒のつまみの一品には欠かせません。

IMG_3357.jpg

そして超お勧めのトマトスープ。
フリーズドライの製品ですが
幸せな気分に浸れる美味しさです。

IMG_3352.jpg

そしてこれ。
山小屋で購入するビールは高いのですが、
下から担ぎ上げる気力もないし、ギンギンに冷えたビールをと思うと
山小屋で調達することになりますね。

到着して1本
夕食時に1本

まあこれだけは節約できません。
これさえあればなんとかなる、なんてことはありませんが、
山に登る楽しみの何割かは
このひと時にあるような気がしないでもありません。

最後にテン場の様子を

DSC_0037.jpg

DSC_0099.jpg

荷物は重いけれど
山小屋泊まりでは味わえない快適さと
楽しさもあるテン泊。

いつも変わり映えのしないメニューと装備なんですが、
このパターンが定着しているとも言えます。

時々隣のテントを覗いて
どんなものを食べているかチェックしていますが、
まあ似たり寄ったりといったところでしょうか。

でも一度試してみたいと思っているメニューは
自家製生野菜と肉を持参して料理してみたいということかな。


ブログランキングに参加しています。
テン泊してみたくなった方はぽちっとお願いします。


人気ブログランキング




nice!(0)  コメント(0) 

道端の秋模様 オオニシキソウとアメリカキンゴジカ [野草]

9月ももうすぐ終わり。
早いですね。

秋植えの野菜も一段落したので、ほっと一息ついているところです。
後は成長を見守りながら
少しだけ手助けしてあげることが
自然農野菜なのかなと思っています。

さて畑仕事の合間に好きな野草撮影を楽しんでいる私ですが、
道端を散策してみると
すっかり秋が深まってきた感があります。

その秋の深まりを感じる野草の表情を
2種類お届けしたいと思います。

まずはオオニシキソウ。
道端や畑、空き地などに生える、いわゆる草ですが、
私にとっては愛すべき野草なので
よく撮影しています。

DSC_0016.jpg
2017/09/24 NikonD300 TAMRON SP90㎜マクロ F2.8

DSC_0018.jpg
2017/09/24 NikonD300 TAMRON SP90㎜マクロ F2.8

全体的にオレンジ色に変わりゆく姿に惹かれます。
道端の小さな秋ですが
心にしみる美しさです。

次はアメリカキンゴジカ。
近年急速に増えている帰化植物です。

DSC_0079.jpg
2017/09/24 NikonD300 TAMRON SP90㎜マクロ F2.8

DSC_0097.jpg
2017/09/24 NikonD300 TAMRON SP90㎜マクロ F2.8

花も咲き残っていましたので撮影しておきました。
こちらも淡いオレンジ色に変わりつつある姿です。

こうして一歩一歩秋の装いへと移り変わっていきます。

今を盛りに咲く花も素敵ですが
こんな風に枯れゆく中で、装いを新たにする姿もいいなあと
思って眺めています。


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらぽちっとお願いします。


人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 

秋蒔き野菜ほぼ終了 [自然農]

IMG_3289.jpg

自然農で野菜作りを始めて3年目。
実際には2年半というところですが、
初めの頃と比べると随分畑らしくなってきたなあというのが実感です。

まだまだ土は固いし、草の生え方ももう一つなのですが、
自然農の精神だけは貫いてやっています。

上の写真は畑の全貌を2階の窓から撮影したもの。
右端の方が芙蓉の木で隠れてしまっていますが
現在の畑がこんな感じです。
夏野菜が終了して(一部ナスなど残っています)畝を整備して
秋蒔きの野菜の種を蒔いたところなので
育っている野菜は少なくなっています。

先日はニンニクの植え付けの様子を紹介しましたので
その他の野菜をざっくりと紹介しましょう。

IMG_3263.jpg
大根2種類
発芽していい感じで育っています。
手前が大蔵大根で向こうが総太り宮重大根です。
どちらも種取りしたものを蒔いています。
一部台風で揺すられて枯れてしまったので蒔き直しをしてあります。

IMG_3261.jpg
たたら辛味大根

9/18に種まきした時の写真です、
今ではずらっと発芽しています。

IMG_3259.jpg
白菜です。
点蒔きしたのですがほぼ100%の発芽率です。
これも自家採種したものです。

IMG_3294.jpg
キャベツ

白菜と同じ日に種まきしましたが
2日遅れての発芽でした。
青虫さんとどう向き合って成長してくれるか楽しみです。

IMG_3264.jpg
中カブ
順調に発芽してますので間引きながら育てたいと思います。

IMG_3256.jpg
この畝には3種類の野菜を蒔きました。
真ん中に突っ立ってるのは、万願寺トウガラシの残りで、
その右側にホウレンソウ。
左側に小松菜とわさび菜を蒔きました。
草マルチしてあるので、なんだかよく分からないですね。

今日確認したら発芽していましたので
発芽している部分の草を取り除きます。

IMG_3295.jpg
秋じゃがです。
順調そうです。

IMG_3292.jpg
わけぎ
2か所に植えましたが順調そうです。

IMG_3266.jpg
ネギの植え替えと収穫前のサツマイモ

IMG_3301.jpg
チンゲンサイとコマツナ

IMG_3302.jpg
チンゲンサイの発芽です。

IMG_3304.jpg
タマネギ

IMG_3305.jpg
ニンジン

IMG_3296.jpg
移植待ちのイチゴ

IMG_3300.jpg
ゴボウとニンジン

IMG_3290.jpg
大豆
枝豆としても美味しい品種なので食べ始めています。
この大豆はもう一畝作っています。
写真はないのですが黒大豆も作っています。

IMG_3253.jpg
ゴーヤの残り

IMG_3306.jpg
レタスとブロッコリーはポット育苗中


ざっくりですがこんな感じです。

問題は葉物野菜。
虫たちにたっぷり食べさせてやって
どれだけ残るか?
まあなるようになるさという心境です。

まだこの後蒔く予定の種がありますが
それはまた別の機会にということで。


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらぽちっとお願いします。


人気ブログランキング

nice!(0)  コメント(0) 

台風一過にニンニクの植え付け [自然農]

想像以上に風が強く吹いた台風18号が去った朝、
畑の様子を確認してみると、
あちゃ~というところがいくつも。

まずは3畝に分けて栽培している大豆の半分以上が倒れていました。
他にもナス、ピーマン、小豆、シソ、バジルなども
大半が倒れていました。

まあ倒れたものは立て直せばいいだけなので
浮いた根元を踏みつけて真っすぐに直しましたが、

残念だったのは発芽して間もない二葉の大根が、
風に揺すられて半分くらいがダメになってしまったことでしょうか。
明日、種の蒔き直しをしなきゃと思います。

朝からごそごそと畑の手直しなどやっていたら
ちょうどいい湿り具合だったので、
そろそろ植えなきゃと思っていたニンニクの植え付けをすることにしました。

IMG_3233.jpg

これが今年収穫したニンニクの一部で
種用にと保管しておいたものです。

IMG_3234.jpg

分球(鱗片)を剥がしたらこれだけになりました。
もう少し欲しいのでもういくつかバラしました。

そしていい湿り具合の畝に
植え付ける穴を掘ります。
IMG_3236.jpg

この畝には条間30㎝、株間15㎝で
3列植えました。

IMG_3237.jpg

8㎝位の深さの穴を掘って
尖った方を上にして土を5㎝位被せます。

後はその上に草マルチをして終了です。

収穫は来年の5月末頃でしょうか。
今年はまずまずの収穫でした。
その種を植えての栽培ですので、
来年はさらにいいニンニクに育つのではと期待しています。


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらぽちっとお願いします。


人気ブログランキング

nice!(0)  コメント(0) 

もうすぐ稲刈り [米作り]

朝早く田んぼの様子を見に行ってきました。

そろそろ稲刈りしてもよさそうな実り具合です。
決して豊作ではありませんが、
不耕起、無農薬、無肥料、
しかも一本植えでよくここまで育ってくれたと
感謝したいですね。

初めての米作りから学んだことは多く
また来年に生かせることも多々あります。

とりあえず今朝の田んぼの様子です。

IMG_3207.jpg

IMG_3211.jpg

いい色づきです。

IMG_3212.jpg

育てている品種は
メインが自然農の先生から分けていただいたアキタコマチ(上)。

そして一部があさひ(下)
IMG_3203.jpg

IMG_3217.jpg

IMG_3214.jpg

あさひは2本植えしています。

そして黒米(下)
IMG_3205.jpg

IMG_3213.jpg

お米にもいろんな品種があって
それぞれ特徴があります。
やはり食べるものなので美味しいお米がいいですね。
そして無肥料、無農薬でも丈夫に育つお米がいいと
勝手なことを思っています。
まあこれからいろいろと学んでみたいと思っています。

最後に自宅で観察してきたバケツ米の様子を。
DSC_0002.jpg

DSC_0003.jpg

DSC_0008.jpg

分闕25、出穂確認できたのが22株。
理想は分闕30だったのですが。

一房に付いているお米の数を確認すると
65~80くらい。
この数字から田んぼに植えた苗の数から計算すると
収穫は120㎏くらいかなという予想です。

さて、稲刈りをいつにするか、
一緒に米作りをしている友人と相談です。


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらぽちっとお願いします。


人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 

カブの種まき [自然農]

秋植えの野菜があれこれあって、結構忙しい日々を送っています。

山にも行きたいし、
野草の撮影もしたいし、
やりたいことが多くて、何から手を付けようかと悩みます。

でも本人はワクワクしながらやってることなので
楽しさしかありません。

さて秋植えの野菜も
ぼちぼちですが、順番に植えつつあります。
昨日はカブの種まきをしたのでその紹介です。

別に紹介するような新しいことや特別なことは何もないし、
参考になるようなこともないのですが、
まあこのブログは私の日々の記録のようなものでもありますので、
ご勘弁を。

2種類のカブを種まきしましたが、
一つは中カブの寄居という品種。
もう一つは黄金カブ。

では中カブの寄居の方から

IMG_3165.jpg

IMG_3164.jpg

えっ!
写真はこれだけ?
はい、これだけです。

5mほどの長さの畝1本にカブを育てると多すぎるので
半分だけ使い、畝のスペースを有効活用するために、
畝に平行に種まきするのではなく、直角に蒔きました。
条間は30㎝の筋蒔きです。
黄色い筋に見えるのはもみ殻です。
浅い溝を切って筋蒔きし覆土した後に鎮圧しますが、
鎮圧した後が少しへこみます。
そこにもみ殻を被せるやり方をいろんな野菜に応用しています。
自然農では草を被せるのが基本ですが、こんなやり方もあります。
この方法だと発芽後に草を取り除いてやらなくてもいいわけで、
細い芽が出るタマネギやニンジンなどにはとても有効的です。

もみ殻以外のところには枯草で全面的に覆いました。

次は黄金カブ
黄色のカブで昨年育ててみて美味しかったので
種取りしたものを蒔きました。

IMG_3168.jpg

場所はキュウリを育てていた
ティピー型支柱の立つ円形畝。

ずっと放置していて草ぼうぼうだったので、
とりあえず草刈りをして根切りをしたところです。

IMG_3166.jpg

畝を整えて鎮圧してから
筋蒔きする畝の中央に溝を切ります。

IMG_3169.jpg

その溝に今回は培養土を敷きました。
目的は土が乾燥しすぎていて、おまけに粘土質の土なので
ごろごろしていて表面が均一にならないためです。
培養土をうっすら敷いて溝を指で鎮圧してやると
種が均一に降ろせます。

IMG_3170.jpg

分かりますね。

後は溝の両脇の土を指でつまむようにして軽く覆土して
再び指の腹を使って鎮圧します。

IMG_3171.jpg

その上に中カブ同様にもみ殻を被せます。

後は草で覆って終了です。

IMG_3176.jpg

外側に枯草を内側に刈り取った草を被せてみました。
なかなか綺麗です。
こんなことも遊び心ですね。

IMG_3177.jpg

最後に札を立てて終了。
この札は牛乳パックを切り取って作ったものです。

さてさてうまく芽が出て育ってくれるでしょうか。
多分大丈夫。変な自信がついてきました。
でもなるようにしかならないのが自然農の野菜作り。
うまく育てば嬉しいし、育たなくても学びがあります。

まあ、愛情をもって素直に向き合っていけばいいのかなと。

最後に先日蒔いた大根が綺麗に発芽しましたので
その様子を。

IMG_3162.jpg

いやはや楽しい農作業です。


ブログランキングに参加しています。
私の野菜作りを応援していただける方は
ぽちっとお願いします。


人気ブログランキング
nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | -