So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

八方尾根から残雪の山々 [撮影]

iPadからのブログ更新第2弾です。

写真を簡単にリサイズできる無料アプリがありましたので、
早速試してみると、超簡単。
便利だなあと驚いております。
ひょっとしたら私が時代遅れなのかも。

まあ一歩前進したので、早速アップです。
但し写真はiPadで撮影したものですので悪しからず。
一眼カメラのものは専用のコネクターが必要なのでやれませんし、
RAWで撮影しているのでiPadで現像は無理。
JPEGで撮影してないとやれませんね。
その辺はまた考えてみたいところでもあります。

とりあえず八方尾根で撮影した写真をいくつか紹介してみたいと思います。

IMG_2114.JPG

ゴンドラに乗って上がりましたが、これは予定外。
本当は黒菱から入る予定だったのに、黒菱林道がまだ通行止め。
あちゃーということでやむなくゴンドラ利用。
八方池山荘までの通し券だと往復2900円。
高すぎる!
最後のリフトはやめにして、黒菱平までの券を購入。
往復2340円の出費。しゃあないなあと独り言。

IMG_2115.JPG

一気に1000mも登るんだからしょうがないかと言いながらも
バッチリ景色を楽しんじゃいました。

さてゴンドラとリフトをつないでやってきた黒菱平。
ここで見たいのはまずこれかな。

IMG_2117.JPG

鎌池湿原にある小さな水たまりに映る白馬三山。
バッチリでした。
当然ながら天気が良くないと映らないんですね。
幸先良くスタートです。

そうそうここでお断りしておかなければならないのは、
iPad画像を使ってブログ更新なんて考えてもいなかったので、
花の写真はあまり撮ってません。
思いついた時に撮っただけなので、
この時期の八方尾根の花の写真は少ないのでごめんなさい。
でも咲いていた花の情報は書いておきますからね。

ゴンドラを降りた兎平ではハルリンドウが大群生していましたよ。
少し小さめの花ですが大株もあちこちにあって見事でした。
リフトの下にはシラネアオイやミヤマアズマギク、
もちろんハルリンドウも花盛り。

そして黒菱平の鎌池湿原ではミズバショウ、ヒメイチゲ、
ハルリンドウの白花も見つけちゃいました。
なんとカタクリも元気に咲いているではありませんか。

IMG_2113.JPG

ショウジョウバカマも咲き出してきたところでした。
ここではようやく春めいてきたという感じでした。

さて黒菱平から八方池山荘までひと登りすると
見える山の景色が一変します。
東には白馬三山西には唐松岳から五竜、
鹿島槍が圧倒的なスケールで迫ってきます。

まずは白馬三山。

IMG_2107.JPG

残雪模様がいいですね。
これから7月上旬までが山の景観が美しい季節です。

花はノビネチドリのいい株が何株かあって、
ユキワリソウもあちこちでピンクの愛らしい花を咲かせていました。
残念ながらiPadでの画像は一枚も無しです。

では八方池山荘から八方池までの間で見られた山風景です。

IMG_2120.JPG

右が唐松岳、左が五竜岳です。

IMG_2108.JPG

そして唐松岳と鹿島槍ヶ岳。
東の白馬三山同様に存在感のある山並みです。
個人的にはこっちの方が迫力があって好きですね。

IMG_2116.JPG

そして八方池と唐松岳から帰不のキレット。
八方池まだ一部が解氷してきたところでした。

IMG_2119.JPG

八方池と唐松岳ですが、雪があると絵になりますね。
この日は唐松岳まで登る人は少なかったようです。
八方池周辺で雷鳥を見た情報が入ったのですが、会えませんでした。残念。

そして花の方は
よく咲いていたのは、ミヤマアズマギクとユキワリソウ。
華やかさには欠けますが、ミヤマタネツケバナ、ウメハタザオも咲いていました。
ムシトリスミレも綺麗な花が多く楽しめました。
八方尾根独特のハッポウウスユキソウが咲き始めでした。

そしてこれ。
クモマスミレです。

IMG_2124.JPG

IMG_2126.JPG

白馬三山を背景にいい景観です。
まさしく雲の間に咲くクモマスミレですね。

そしてスミレついでに
ミヤマナガハシスミレ。

IMG_2109.JPG

多くはありませんが5ヶ所ほどで確認しました。
白馬村の麓で見るものに比べると
色も濃く、葉もツヤツヤ状態でした。

そしてキジムシロ

IMG_2111.JPG

よく見かける馴染みの花ですが、
やっぱりこの景観にやられちゃいますね。

そして最後はミヤマアズマギクの白花。

IMG_2125.JPG

よく観察しているミヤマアズマギクですが、
白花を見るのは初めてでした。
しかも二輪咲いていてくれたことが良かったですね。

写真はiPad画像なのでこんなもんかなというところですが、
とりあえずPCなしで更新するところまでこぎつけました。

次はデジイチの画像でもやってみようと思っています。

コメントをいただけると嬉しいので宜しく[わーい(嬉しい顔)]

ブログランキングに参加しています。
幸せのポチッをお願いします。

人気ブログランキング

iPadからブログ更新試み

PCが故障してHPの更新もブログの更新もできないでいますが、
iPadからできるはずと試みています。

こうして書き込みをしてるということはできそうですね。
但し写真はiPad画像なのでお気に入りの写真には程遠いのですが、
まあそれなりに楽しめそうかなとやっています。

そうそうカメラで写した写真もiPadに直接取り込めるはずなので、
それも今度試みてみようと思います。
画像データをJPEGにして画質を落とし撮影しておけば、
そのままアップもできそうです。

緊急処置として試みていることですが、
うまくいけば出先から最新情報の更新も可能かなと。
PCの故障はトラブルですが、これがきっかけで新たな展開に広がれば、
故障も悪くなかったと前向きな私です。

さて画像のアップがうまくいくかどうか挑戦してみましょう。

残念!
iPad画像は無料ブログの制限容量を超えているようです。
ということは画像データを落とす作業が必要になります。
写真編集ソフトを取り込んで制限枠内に抑えないといけないことが
ここまできて分かりました。

ということで初の試みはここまでということに
しておきます。

面白くなってきました。
次は写真アップができるようにしますね。

PCからアップしていた写真なら制限枠内に抑えてあるので
これまでアップした写真を一枚だけ再アップしてみましょう。

DSC_8540.jpg

大丈夫ですね。

ではでは次はうまくやれることを期待して
おしまい。

ブログランキングに参加しています。
よろしかったらポチッと。


人気ブログランキング

ニワゼキショウの白花など [野草]

ニワゼキショウには2つのタイプがあって
花の色が紫のものと白いものがあります。

紫のものがこちら
DSC_9181.jpg

一般的にはこのタイプのものが多いのですが、
私がよく出かける矢作川には白いタイプも多く見られます。

DSC_9201.jpg

どちらも綺麗なのですが
白い方が華やかさを感じますね。

そしてその両方が一緒に咲く様子
DSC_9193.jpg

矢作川ではこんな様子が随所で見られます。
でも全体的には紫のものが圧倒的に多いのですが。

そんなニワゼキショウですが
我が家の庭にも5年ほど前から咲くようになりました。
どうやら私の靴底に種がくっついてきて繁殖したようです。

咲くのは紫のものだけです。
近所の道端にもニワゼキショウは咲きますが
全て紫で白いタイプのものは近所ではほとんど見かけません。

そして今年、
あれ!白が咲いてると思ったら
どうもいつも見ている白いタイプとは違うんですね。

それがこれ
DSC_4616.jpg

普通の白いタイプは中心が黄色でその周りに紫がありますが、
これには紫が全くありません。
違いは分かりますよね。

DSC_4645.jpg

どうやらこれは紫のものの白花のようです。
いわゆる突然変異ですね。
初めて見ました。

DSC_4621.jpg

来年も咲いてくれるかどうか、分かりませんが
少し期待したいところです。

最後にニワゼキショウのもう一つのタイプを紹介
オオニワゼキショウです。

DSC_9183.jpg

普通のニワゼキショウより高く立ち上がります。
でも花は少し小さめなんですね。
そして花の色はほんのりと紫がかっているというか、
ぱっと見た目には淡いブルーのような印象を受けます。

普通のニワゼキショウと一緒に咲いていることも多いので
知らなければ気づかないかもしれませんが、
こんなやつもいるということで。

ニワゼキショウは北アメリカ原産の帰化植物ですが
結構好きな身近な野草です。


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらぽちっと。


人気ブログランキング

ど根性ニンジンの花 [野菜の花]

レンガの隙間に生えたニンジンを
そのまま放置というか、見守っていたら
ぐんぐん大きくなって花を咲かせ始めています。

DSC_5542 ど根性ニンジン.jpg

さすがにレンガを割って大きくなることはなかったのですが、
これだけ立派に成長して花を咲かせるのを見ると、
一体レンガの中でどんな風に育ってるんだろうと興味が沸いてきます。

DSC_5543.jpg

DSC_5545 ど根性ニンジン.jpg

かと言って、引き抜いてしまうと花も枯れてしまうので
ここは我慢して、
このニンジンの種を取って次に繋いでやろうと思っています。

ど根性ニンジンの種です。
品種は今のところ不明なのですが、
自然農を始めた最初から作っている
時なし三寸なのではと推測しています。
三寸なので小さなニンジンなのですが、
甘くて味の濃い昔ながらのニンジンです。

一年目から種取りを続けていますが、
毎年春も冬も美味しいニンジンに育ってくれます。
発芽率も抜群で、すじ蒔きすると、
全部発芽したのかと思うほどずらっと並び、
間引きするのが大変なくらいなんですね。

そのニンジンがさらに根性をつけたものとなれば、
史上最強のニンジンになるかもしれません。

ど根性ニンジンの深谷ブランドで販売でもしてみようかしら?

DSC_5549.jpg

畑でも種取り用に花を咲かせつつあるところなんですが、
どう見てもこっちの方が元気がいいんです。

楽しみになってきました。

種取りが終わったら、レンガの中でどんな風になっていたか
確認してみたいと思います。

なんだかワクワクしてきます。


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらぽちっと。


人気ブログランキング

野菜の花 キュウリ [野菜の花]

野菜の花シリーズもいよいよ夏野菜編に入っていきます。

今回紹介するのはキュウリ。
お馴染みの野菜なので珍しくも何ともありませんが、
それでも改めて撮影しながら眺めてみると綺麗な花ですね。

キュウリの品種は
聖護院キュウリです。

IMG_0008.jpg

IMG_0013.jpg

少しオレンジ色を含んだ黄色です。
山吹色に近い感じですね。
もう一種類長野の八町キュウリも育てていますが
成長がいまひとつでまだ綺麗な花を咲かせていないので
別の機会にしようと思っています。

花が咲くとすぐにキュウリの赤ちゃんが生まれてきます。
次はそんな様子をご覧ください。

DSC_5238.jpg

DSC_5236.jpg

DSC_5232.jpg

ちびキュウリです。
可愛いでしょ!

写真を撮ったのは5日ほど前なので
今はかなり大きくなってきました。
もう少しで初収穫できそうなんですよ。

自然農で種から育てている在来種のキュウリです。
生野菜はあまり食べなかった家内が美味い美味いと言って
食べてくれるキュウリです。

たくさん採れるといいな!

次回はトマトの花を紹介する予定にしています。
品種によって花の違いがあります。
そんなのを紹介したいなと思ってます。


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらぽちっと。


人気ブログランキング

偶然か引き寄せか? [撮影]

私の家内は時々こんなことを言う。

「あなたには花の精がついている。」
「花に愛されている。」

どういうことかと言うと
何気なく歩いて行った先にお目当ての花があったり、
たまたま車を止めたところに見たかった花が咲いていたりするんですね。

運転中に小さな花を見つけたり、
それとなく目に入った花がびっくりするような花だったり、
わき道に入ったら好きな花が群生していたり、
数え上げたらきりがないほどいろんな体験をしています。

自分でも変な自信があって、
なんとなく歩いている場所やなんとなく入ってしまった道など
ここに来ているのは意味があるんだという自覚があって、
そうこうしていると、いい花が忽然と現れるんですね。

そうすると、
「ああ、このためにここに来たんだな。」
という確信めいた思いが沸いてくるんですね。

そして今回ブログでそんなことを書いてみようと思ったのは
先日少し違うパターンの出会いがあったからなんです。

その出会いというのは
こんなところに咲いていてくれたらいいのにと思った瞬間、
目の前にその花が咲いていたからなんです。

その花は
DSC_5161.jpg

エゾノタチツボスミレです。
珍しいスミレではありませんが、今年は咲き出しを見ていただけで
きっちりと花の開いたエゾノタチツボスミレを見ていなかったんですね。

入笠山から伊那市に向かう林道を車で走っていて
たまたまクリンソウが咲いているのを見つけて
車を止めたんです。
そうしたらマルバスミレのきれいな花が咲いていて、
他にもないかなと探していた時にふと思ったのが、
「エゾノタチツボスミレでも咲いているといいな。」
でした。
すると目の前にエゾノタチツボスミレが
ここよ!
と現れたというわけです。
それが上の写真です。

そしてまだ続きがあります。

撮影を終えて再び車を走らせていると
家内が、
「黄緑色のとし君が好きな花が咲いてた。」
と言うものだから、どんな花?と聞き返すと
名前が出てこないと言う。
そうこうしているうちに車はどんどん林道を下っていく。
まあいいやという思いだったが、
「ルイヨウボタン」
という言葉が家内の口から出た。

その瞬間、引き返して撮影したい衝動に駆られたんですね。
狭い林道です。
Uターンするにはそれなりの広い場所がないとできないので
少し走らせたんですね。
そしてなんとかUターンできそうな場所があったので、
ハンドルを切って切り返しをした時に、
「あっ!エゾノタチツボスミレ!」
と再び遭遇したんです。

その時、
「ああ、このために引き返すことにしたのかもしれない。」
そんな思いが沸いてきました。
その時、咲いていたエゾノタチツボスミレです。

DSC_5183.jpg

DSC_5174.jpg

DSC_5177.jpg

Uターンしようと思った場所にこれだけ咲いていたのですから
ほかの場所にも咲いていてもよさそうなのに、探しても見つかりません。
ここが不思議だなあと思うところです。

植物が好きでも、名前まではあまり覚えていない家内の口から
ルイヨウボタンという言葉が出てくることも意外でしたが、
全てがエゾノタチツボスミレを見せるための流れだったような気がします。

これを偶然と言ってしまえばそれまでですが、
私のふとした思いが引き寄せたものなのか、なかなか興味深いところでもあります。

こんなことがたまにあるのではなく、
私の身の回りにはよくあることで、
特に花に関してはミラクルなことが多いですね。

「あなたには花の精がついている。」
「花に愛されている。」
家内が言うこの言葉はまんざらでもないと思ってる次第でして・・・

最後にきっかけにもなったルイヨウボタンです。

DSC_5193.jpg

とても素敵なルイヨウボタンでした。


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらぽちっと。


人気ブログランキング

自家採種いろいろ [自然農]

久しぶりの更新ですが、別にサボっていたわけでもなく、
ネタがなかったわけでもなく、体調が悪かったわけでもなく、
ただただ忙しかったということなのでご安心ください。

自由人なんだからいくらでも時間があるし、
ブログの一つや二つの更新くらいいつでもできるでしょと
思われた方、そうなんです、その気になればできたはずなんですね。

でも更新しなかったのは、
あれやこれやとやりたいことが降って沸いてきて
そちらの方にエネルギーを費やしていた訳なのですね。

さて久しぶりの更新ネタは
自家採種いろいろということで
野菜の種取りをしたのでその紹介になります。

そもそも自家採種するのは種を取って来年に繋げるためなんですね。
昔は誰もがそうしていたのに今では種は買ってくるもの、
苗もホームセンターやJAなどから購入するものになってしまいました。
便利になったとも言えますが、ここに大きな問題も含まれています。
その辺の話はどこか別の機会に話したいと思っていますが
長くなりそうなので今日はやめにして
自家採種した野菜の紹介にしたいと思います。

DSC_5229.jpg

ずらっと並べるとこんな感じですが
個々に紹介しながら種の様子の違いなども
感じ取っていただけると嬉しいですね。

まずは大蔵大根
DSC_5219.jpg

DSC_5226.jpg

大根の種ってこんな風に入ってるんだ、
こんな形なんだと思ってくれればいいです。

次は同じ大根ですが品種が違うと
鞘や種も微妙に違います。

総太り宮重大根
DSC_5220.jpg

DSC_5227.jpg

同じように見えると思われた方、それでいいです。
でも微妙に違うことを、私は面白がっています。

ルッコラ
DSC_5221.jpg

小さな種なので息を吹きかけると
どこかへ飛んでいってしまいます。
私のお気に入りの野菜なので、この先もずっとずっと種を繋いでいく予定です。

白菜
DSC_5222.jpg

DSC_5225.jpg

1年目は玉にならずに終わってしまった白菜ですが、
2年目にして玉になってくれました。
その種ですから今年もいい白菜になってくれるはずです。

その他にも種を取りましたが
よく似ているので割愛して、
少し前に自家採種したものもあるので、
その写真も紹介して終わりにします。

DSC_5231.jpg

DSC_4649.jpg

そういえばグリンピースとサヤエンドウも種取りしたことを
思い出しましたが、写真がないので割愛です。

こんな風にして、基本的には作っている野菜の全ての種を
取る予定にしています。

種から育てて種まで取る。
野菜の一生を見届けてみると
いろんなものが見えてきます。
教えられることや気づかなかったことなど
興味は深まるばかりです。

自家採種も野菜の花シリーズ同様に
定期的に更新できればと思っています。


ブログランキングに参加しています。
久しぶりにぽちっとお願いします。


人気ブログランキング

野菜の花 ほうれん草・ビーツ・つるなしインゲン [野菜の花]

野菜の花シリーズ
今回はほうれん草・ビーツ・つるなしインゲンです。

特にほうれん草は馴染みのない花かもしれません。
と言うのも私もじっくり見たことがなくて
今回初めての観察だったんですね。

ということで
まずはほうれん草から

DSC_4655 ホウレンソウ.jpg

えっ!?
これが花なんですか?
と思われた方、そうなんです。
これがほうれん草の花なんです。
もしゃっと髭のようなものが生えているだけです。
本来ほうれん草は冬野菜として育てられますが、
春にも育てることが可能です。
ならば種を蒔いてみようと畑の一角に少しだけ蒔いてみたら、
そこそこ順調に育って、美味しいほうれん草に育ちました。
でも春は塔立ちするのが早くて、大きく育つ前に
塔立ちするものも多くて、それがこの花となったわけなんですね。

収穫したのはほんの僅かでしたが、
これも面白いと、花を咲かせて見ています。
DSC_4652.jpg

DSC_4651.jpg

こんな感じなんですが、きわめて地味ですね。
インパクトがない花を咲かせるのが
ほうれん草の奥ゆかしさかもしれません。

次はビーツ
ロシア料理のボルシチには欠かせない野菜で
スープが真っ赤に染まります。
それが面白くて昨年から作っていますが、
その中から花を咲かせたものを撮影してみました。

DSC_4665.jpg

こちらも地味で目立たない花を咲かせるようです。
黄緑色の小さな花です。
華やかさがなくても、なんだかいい花ですね。
よく見ないと見えてこない花だからこそ
印象に残る花となります。

ではビーツの全体像を
DSC_4668 ビーツ.jpg

DSC_4669.jpg

赤い茎がとても印象的でいい佇まいです。

さて今回の最後は
つるなしインゲン。

DSC_4675.jpg

DSC_4677.jpg

DSC_4687.jpg

マメ科らしい愛らしい花を咲かせます。
淡いピンク色をしているのもいいですね。
優しさを感じる花です。
今回植えたインゲンは黒と白の2種なんですが、
この花は黒の方になります。
白の方はまだ咲き出したところで、花は白っぽい花のようです。

こうして見ると野菜の花も本当に色々で
面白いですね。
野菜の花を撮影するようになってから
なんだか新鮮な気持ちで野菜の花を見ています。

さてこれからは夏野菜のナスやキュウリやトマトの登場となります。
まだ花は咲きだしてきたところなので
紹介はもう少し後になります。


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらぽちっと。


人気ブログランキング

野菜の花 ツタンカーメン豆 [野菜の花]

ツタンカーメン豆ってどんな豆?
知ってる人は少ないのではないでしょうか。

私も種を分けてもらうまでは全く知りませんでした。

エンドウ豆の一種なのですが、なぜツタンカーメンなのか、
そこが謎です。

調べてみるとすぐにわかりました。
その名の通り、あのツタンカーメンに由来する豆なんです。

ではざっくりと説明しましょう。

古代エジプトを統治したツタンカーメン王の墳墓からこの豆が
副葬品の一つとして見つかったそうです。
発見したのはイギリスの考古学者ハワード・カーター博士。
1922年のことのようです。

それを発芽試験したところ見事によみがえって、それが今につながっているという訳です。
すごいですね。
なんだかロマンを感じます。

そんなツタンカーメン豆の種を友人から頂いたので
これは面白いと思って早速育ててみた訳なんですね。

では花を見てみましょう。

IMG_1001_1.jpg

なんだ、サヤエンドウと同じような花じゃないか。
と思われた方、その通りです。
エンドウ豆ですからね。

IMG_1004.jpg

でも実は紫色をしています。
こんな豆見たことがない!
そうなんです。ツタンカーメンですからね。

IMG_1003.jpg

色は変わっていても、なんか面白いですね。
まだ収穫する前なので味はわかりませんが、
そちらの方も夢が膨らみます。

IMG_1005.jpg

IMG_1007.jpg

もう少し実が膨らんで収穫できるころに
その様子を撮影して記録に残しておきたいと思っています。

そして肝心の味の方もレポートしたいと考えています。

あまり多く栽培していないので、大して収穫はできないと思いますが
古代に思いを馳せて見守りたいと思っています。


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらぽちっと。


人気ブログランキング

野菜の実 大根・白菜・小松菜 [野菜の実]

このブログでは野菜の花シリーズを紹介していますが、
どうせなら実の方も紹介しちゃおうと思い立ってしまいました。

こうなると誰にも止めることができません。
やってみたくなったことはすぐにやるのが私の道なんですから。

但し、実と言ってもトマトやナスの実ではなく
正しくは種になる様子なのでトマトやナスなどの果菜類が
登場することはありません。

ということで畑に実になりつつある野菜のいくつかを
早速撮影してみました。

まずは大根
IMG_0052 総太り宮重ダイコン.jpg

IMG_0067.jpg

根元が太くて先はほっそりしていますね。
この中に種が入っていますが、
種の入る鞘は少ないですね。
こんなものなのかなあと思うのですがまだ経験が浅く
よくわかりません。

この大根は一番大きく育ったものを種取り用にと残しておいたものです。
こんな感じになっています。
IMG_0065 宮重.jpg

では別の品種の大根も
IMG_0058 大蔵大根.jpg

品種は大蔵大根
前のが宮重大根
こちらの方が鞘が細いですが
均等に種が入っているようです。
同じ大根でも違いがあることが分かります。

さて次は白菜
IMG_0061 白菜.jpg

IMG_0063 白菜.jpg

大根と比べると種が小さいので
鞘も少し小さく雰囲気もずいぶん違いますね。

そして小松菜
IMG_0069 小松菜.jpg

今回紹介したものはみんなアブラナ科なので
基本的にはよく似た構造なのですが、
それぞれの個性が実からも見えてきます。

今はまだ青々としていますが、やがて茶色に変わって
カラカラになってきます。
完全に乾燥したところで種取りに入ります。

面白いのは必ずこぼれ種があって、勝手に生えてくるんですね。
それが一番元気でよく育つんですね。
世話をして育てたやつより元気がいいなんて
悔しいけれど、そういうものなんです。


野菜の実もシリーズ化して
いろんな野菜を紹介していきたいと思っています。
花ほどインパクトはありませんが、
観察すると面白いものです。


ブログランキングに参加しています。
ぽちっとしていただけると本人は喜びます。


人気ブログランキング
前の10件 | -