So-net無料ブログ作成
検索選択

偶然か引き寄せか? [撮影]

私の家内は時々こんなことを言う。

「あなたには花の精がついている。」
「花に愛されている。」

どういうことかと言うと
何気なく歩いて行った先にお目当ての花があったり、
たまたま車を止めたところに見たかった花が咲いていたりするんですね。

運転中に小さな花を見つけたり、
それとなく目に入った花がびっくりするような花だったり、
わき道に入ったら好きな花が群生していたり、
数え上げたらきりがないほどいろんな体験をしています。

自分でも変な自信があって、
なんとなく歩いている場所やなんとなく入ってしまった道など
ここに来ているのは意味があるんだという自覚があって、
そうこうしていると、いい花が忽然と現れるんですね。

そうすると、
「ああ、このためにここに来たんだな。」
という確信めいた思いが沸いてくるんですね。

そして今回ブログでそんなことを書いてみようと思ったのは
先日少し違うパターンの出会いがあったからなんです。

その出会いというのは
こんなところに咲いていてくれたらいいのにと思った瞬間、
目の前にその花が咲いていたからなんです。

その花は
DSC_5161.jpg

エゾノタチツボスミレです。
珍しいスミレではありませんが、今年は咲き出しを見ていただけで
きっちりと花の開いたエゾノタチツボスミレを見ていなかったんですね。

入笠山から伊那市に向かう林道を車で走っていて
たまたまクリンソウが咲いているのを見つけて
車を止めたんです。
そうしたらマルバスミレのきれいな花が咲いていて、
他にもないかなと探していた時にふと思ったのが、
「エゾノタチツボスミレでも咲いているといいな。」
でした。
すると目の前にエゾノタチツボスミレが
ここよ!
と現れたというわけです。
それが上の写真です。

そしてまだ続きがあります。

撮影を終えて再び車を走らせていると
家内が、
「黄緑色のとし君が好きな花が咲いてた。」
と言うものだから、どんな花?と聞き返すと
名前が出てこないと言う。
そうこうしているうちに車はどんどん林道を下っていく。
まあいいやという思いだったが、
「ルイヨウボタン」
という言葉が家内の口から出た。

その瞬間、引き返して撮影したい衝動に駆られたんですね。
狭い林道です。
Uターンするにはそれなりの広い場所がないとできないので
少し走らせたんですね。
そしてなんとかUターンできそうな場所があったので、
ハンドルを切って切り返しをした時に、
「あっ!エゾノタチツボスミレ!」
と再び遭遇したんです。

その時、
「ああ、このために引き返すことにしたのかもしれない。」
そんな思いが沸いてきました。
その時、咲いていたエゾノタチツボスミレです。

DSC_5183.jpg

DSC_5174.jpg

DSC_5177.jpg

Uターンしようと思った場所にこれだけ咲いていたのですから
ほかの場所にも咲いていてもよさそうなのに、探しても見つかりません。
ここが不思議だなあと思うところです。

植物が好きでも、名前まではあまり覚えていない家内の口から
ルイヨウボタンという言葉が出てくることも意外でしたが、
全てがエゾノタチツボスミレを見せるための流れだったような気がします。

これを偶然と言ってしまえばそれまでですが、
私のふとした思いが引き寄せたものなのか、なかなか興味深いところでもあります。

こんなことがたまにあるのではなく、
私の身の回りにはよくあることで、
特に花に関してはミラクルなことが多いですね。

「あなたには花の精がついている。」
「花に愛されている。」
家内が言うこの言葉はまんざらでもないと思ってる次第でして・・・

最後にきっかけにもなったルイヨウボタンです。

DSC_5193.jpg

とても素敵なルイヨウボタンでした。


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらぽちっと。


人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: