So-net無料ブログ作成

今年はかぼちゃが良さそう [自然農]

これまで満足のいく収穫ができなかったかぼちゃが
今年は良さそうです。

「かぼちゃは植えてそのまま放っておけば誰でもできるよ」
なんて聞いていたのですが、
土の養分が少ないせいか成長が悪く
生っても小さな実が数個採れるだけでした。

それが今年は勢いもいいしすでに立派な実をいくつも
付け始めています。

これまで品種は色々とこだわってみたのですが
こだわる以前の問題と理解して
友人からもらった種や自家採種した種を
とりあえず色々と蒔いてみました。

IMG_6386.jpg

IMG_6387.jpg

IMG_6388.jpg

IMG_6389.jpg

IMG_6390.jpg


去年と何が違うんだろうと考えてみると
やはり土かなと行きつきます。

もちろん無肥料栽培なので肥料を施すこともなく
耕すこともなく草を生やしてのこれまで通りのやり方ですが、
畝の土を触ってみると柔らかくしっとりしています。
草マルチの成果が表れてきていることを実感できます。

少し掘ればどこからでもミミズが出てきます。

ようやく自然農の畑と自負できるところまできたのかなと
一人でニヤついています。

今年は西洋かぼちゃも日本かぼちゃもあるので
思う存分かぼちゃ料理が楽しめそうです。


ブログランキングに参加しています。
ぽちっとしていただけると嬉しいです。


人気ブログランキング



nice!(2)  コメント(2) 

ニンニクの収穫 [自然農]

今日はニンニクの収穫をしました。

青森産のニンニクをつないで3年目になりますが
今年が一番成長もよく大きく育ってくれました。

と言っても自然農の畑ですので
世間的に見ればそこそこ育ったという程度かもしれません。

でも毎年成長がよくなるというのは嬉しいですね。
土がそれだけ肥えてきたという証でもあります。

全ての作物でその傾向が見られるので
今年はとてもハッピーです。

では今日収穫したニンニク
IMG_6272.jpg

これを素早く根切りして
一皮剥きます。
IMG_6273.jpg

美しい姿です。

これを天日干しして今日のところは終了
IMG_6274.jpg

明日もう半日干した後に
茎の15㎝くらいのところで切って
風通しのいい軒下で乾燥させます。

一部は生ニンニクとして料理に使います。

ニンニクは料理には欠かせない食材。
ひとかけらのニンニクによって
料理が一変します。
ありがたいですね。

いいニンニクができたので
来年はもう少し栽培量を増やそうかと思っています。


ブログランキングに参加しています。
ニンニク大好きな方はぽちっとお願いします。


人気ブログランキング

nice!(0)  コメント(0) 

八町きゅうりと聖護院きゅうり [自然農]

我が家の自然農畑で育てているきゅうりは
八町きゅうりと聖護院きゅうりの2種類。

どちらも伝統野菜で
八町きゅうりは長野県、聖護院きゅうりは京都なのですが
地元の愛知県のきゅうりを育ててないじゃないかと
叱られそうです。

そこで愛知のきゅうりを調べてみると
青大きゅうりというのがあるようなので
来年は是非とも育ててみたいと思う次第でして。
(やや言い訳がましいかな?)

で、今日は今育てているきゅうりの紹介です。
2種類ですので写真を並べながら見ていきましょう。

まずは八町きゅうり
IMG_6216.jpg
ずんぐりむっくりした堂々とした姿のきゅうりです。

そして聖護院きゅうり
IMG_6189.jpg
やや細長でスマートなきゅうりです。

長さは聖護院きゅうりの方が長くなります。

八町きゅうり
IMG_6188.jpg

聖護院きゅうり
IMG_6214.jpg

聖護院きゅうりの方が葉の先が長く尖る傾向にあるようです。

八町きゅうりの花
IMG_6495.jpg

聖護院きゅうりの花
IMG_6488.jpg

花はどちらもよく似ています。


一番肝心な味は
言葉で説明するのは難しいのですが、
個人的な好みで言えば八町きゅうりの方が
優しい感じの味で食べやすくより瑞々しい感じ。

聖護院きゅうりの方が野性味のある味で
端っこはやや苦みがあって昔ながらのきゅうりの味がします。
炒め物に向くのは聖護院きゅうりの方かなという気がします。

でもどちらも甲乙つけがたい
美味しいきゅうりです。

ではここ数日の間に食べたきゅうりの簡単料理です。

やっぱりシンプルに生食が美味しいですね。
IMG_6218.jpg

IMG_6196.jpg
塩やマヨネーズや味噌などお好みで食べます。

IMG_6207.jpg

IMG_6197.jpg

IMG_6190.jpg

まだ採れ始めたところですので
これから家内がいろいろとアレンジしてくれることでしょう。

きゅうりの斬新な料理があったら教えてくださいね。


ブログランキングに参加しています。
きゅうりが好きな方はぽちっと。


農業・畜産ランキング

nice!(0)  コメント(1) 

緑肥を育ててきた新しい畝 [自然農]

昨年末に新しく作った畝に
緑肥を蒔いて土作りをしてきました。

いよいよその畝に作物を植えようと準備にかかりました。

昨年末に作った畝
IMG_4769.jpg

カチカチの土で草もあまり生えてこない粘土質。
とりあえず頑張って高畝に作って
米ぬかと燻炭を撒いておきました。

そしてそこに緑肥としてえん麦とクリムソンクローバーの種を蒔いて
育ててきました。

IMG_5753.jpg

IMG_5752.jpg

クリムソンクローバーの花はとても綺麗で
お花畑のように目を楽しませてくれました。

土作りの目的はえん麦の根によって土を柔らかくしてもらって
クリムソンクローバーによって土に窒素分を固定してくれることを
狙っています。

そしてえん麦は実を結びクリムソンクローバーも
種を落とすほど枯れてきたので刈りこもうとしたところです。
IMG_6149.jpg

その時、待て待て刈らずに倒しておけばいいと
ふと思ったのです。
刈ってその場所に伏せておくのと同じことかなと。

足で踏み倒すだけですから手間もかからないし。
自然農は少ない労力で合理的にやるのも目的の一つですから。

踏み倒した様子
IMG_6150.jpg

さてここに種まきをします。
予定しているのは大豆。
痩せた土地で栽培できるありがたい野菜です。
さらに窒素分を固定してくれる土作りに役立つ野菜です。

これまで初めての畝には最初に大豆を育ててきました。
そして全てうまく育ってくれました。
今年も上手くいくはずです。
最初に緑肥まで入れた畝は初めてですから尚更です。

2日後にこの畝に大豆の種蒔きをする予定なので
その様子もまたアップしたいと思います。



ブログランキングに参加しています。
ぽちっとしていただけると嬉しいです。


農業・畜産ランキング

nice!(1)  コメント(0) 

豆類の種取り完了 [自然農]

いつになく大豊作だった豆類の種取りが完了しました。

と言っても全てではなく
サヤエンドウ、グリンピース、ツタンカーメン豆の3種。
他にはそら豆もありますがまだ収穫中なので種取りはもう少し先。
さらにこれから育てる予定の豆は大豆、黒豆、小豆など。

種取り用に採ったものがこれ
IMG_6096.jpg
左からサヤエンドウ、グリンピース、ツタンカーメン豆。

これを縁側で干すこと5日。
豆を取り出してさらに3日。
IMG_6144.jpg

サヤエンドウ
IMG_6147.jpg

グリンピース
IMG_6148.jpg

ツタンカーメン豆
IMG_6146.jpg

そして選別して瓶に保管
IMG_6152.jpg


これで来年もばっちりです。
自然農で育てた豆の種が欲しい方は
ご一報いただければ差し上げます。


ブログランキングに参加しています。
ぽちっとしていただけると嬉しいです。


農業・畜産ランキング
nice!(0)  コメント(0) 

天狗ナスの定植他 [自然農]

雨も降ったことだし、この後数日出かける予定もあることなので
今のうちにナスを植えてしまおうと
朝から働きました。

いや働くという表現は私には当てはまらないので
朝から楽しみましたと訂正しておきます。

苗はまだ少し小さいかなという印象ですが
昨年の経験から、このナスは畑に降ろすと
俄然元気になって成長が早まるんですね。

ということで今日の作業をざっくりと紹介したいと思います。

まずは植える畝から
IMG_5764.jpg

草だらけの畝こそが自然農の真骨頂です。
土が乾くことなく常に潤っています。

その畝の草をざっくりと刈ります。
IMG_5765.jpg
耕さなくてもふかふかです。

そこに植える間隔で穴を掘ります。
移植ごてでさっさっと掘るだけです。
IMG_5770.jpg

すると中からミミズが出てきます。
IMG_5768.jpg

出てきたミミズは直ぐに土の中に返してやります。

そして植える天狗ナスの苗
IMG_5769.jpg

種を採り続けて3年目のナスです。
天狗ナスは愛知の伝統野菜で大きくてとても美味しいナスなので
他のナスを作らなくてもこれ一本でもいいと思っているくらいです。

ナスを植える時に
コンパニオンプランツのニラを一緒に植えます。

そのニラが畑の畝に生えているので
それを掘ってきました。
IMG_5772.jpg

IMG_5773.jpg

このニラは2年前に同じようにナスと一緒に植えたものが
増えてくれたものです。

そしてこんな感じで植えます。
IMG_5774.jpg

これを全て植えた様子がこちら
IMG_5775.jpg

これで終わりではなく
もう一つのコンパニオンプランツである
落花生をナスの間に植えていきます。

IMG_5777.jpg

IMG_5779.jpg

落花生は畝を覆うように広がるので土の乾燥を防ぎ
根粒菌の窒素固定で土も豊かにしてくれます。


そして最後は草マルチをして終了です。
IMG_5780.jpg

草マルチをするとどこに何が植わっているか
分からない感じがしますが、これでいいのです。

自然農の野菜作りは益々いい感じになってきました。


ブログランキングに参加しています。
ぽちっとしていただけると嬉しいです。


人気ブログランキング
nice!(1)  コメント(0) 

ウリハムシ除け対策 [自然農]

ウリ科の野菜の葉や茎を食べるウリハムシ対策を
試験的に施してみました。

事の始まりは
先日キュウリの苗を定植したら
その翌日にはウリハムシがやってきて
美味しそうに食べ始めていたので
このままではまずいと思って、不織布で覆いました。
しかし苗が大きくなってくると
キュウリはネットに絡ませてやらなければならないので
不織布を外します。
すると待ってましたとばかりにウリハムシがやってきます。

少しぐらい食べられても大丈夫なのですが
若苗の内にやられるとダメージが大きくなります。

そこで何かいい対策はないかと調べてみると
ウリハムシはネギ類の匂いを嫌うようなので
キュウリの間にネギを植えたり、
タマネギの茎の部分などを敷いておくのも効果があるとあります。
さらに光ものを嫌うのでアルミホイールなどを
近くに敷いてみるのも効果があるとありました。

今日、苗が大きくなって不織布を外すことにしたので、
ならば試してみようと
キュウリの間に他の畝に生えているネギを移してやりました。
さらにアルミホイールも敷いてみました。

IMG_5686.jpg

IMG_5687.jpg

明日、ウリハムシがやってこなければ効果ありなんですけどね。
どうなんでしょうね。

でもこんな試みも面白いものです。

自然農は虫を敵としないというのが
本来のあり方なんですが、
まだ虫より野菜の方が可愛いので
とりあえず試してみようというところです。

効果がなければ諦めて
そのまま放置しようと思っています。

さてどんな結果になるやら。
これも楽しみ~


ブログランキングに参加しています。
ぽちっとしていただけると嬉しいです。


人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 

イタリアントマトの定植 [自然農]

今年栽培予定のトマトは3種類

大玉トマトと調理用のイタリアントマトと
ミニトマト。

その内の調理用のイタリアントマトの苗が大きくなってきたので
畑に定植しました。

IMG_5624.jpg

友人にも分けてあげるつもりで苗を育てたので
植えても残りがこれだけあります。

IMG_5625.jpg

植える場所の草を少し刈って
穴を掘ってみるとミミズが出てきました。
随分土が肥えてきたなあとニヤニヤです。

畝のど真ん中に種取り用のダイコンが残っています。
このダイコンがこぼれ種から育ち巨大になったものです。
畝の真ん中に生えてくるとはなかなかのものです。


反対側から見ると
IMG_5628.jpg

右に見えるのはサヤエンドウ
人の背より高くなって鈴なり状態です。


そしてたっぷりの草マルチをして終了
IMG_5629.jpg

IMG_5630.jpg

今年も豊作を祈っています。

できたトマトはほとんどトマトソースになります。
まだ昨年作ったトマトソースが残っていますが
めちゃめちゃ美味しいトマトソースです。

次は大玉トマトとミニトマトですが
来週半ばごろの定植になりそうです。


ブログランキングに参加しています。
ぽちっとしていただけると嬉しいです。


人気ブログランキング

nice!(1)  コメント(1) 

ズッキーニ等の定植 [自然農]

ティピー温室で育苗していた
ゴールドナゲットかぼちゃとズッキーニの苗が
大きく育ってきたので定植しました。

昨晩ちょうど雨が降ってくれたので
タイミング的にはGoodです。

IMG_5599.jpg

写真の手前の苗は他のかぼちゃの苗で
奥がゴールドナゲットかぼちゃの苗です。

このかぼちゃは普通のかぼちゃとはかなり違っていて
横に広がることなくズッキーニのように
株元に実が生るものです。
昨年初めて作ってみて、甘くてとても美味しいかぼちゃだったので
種取りして今年も作ってみようと準備してきました。

IMG_5604.jpg

植える畝は草マルチをして準備してきた畝なので
植える箇所だけ草を取り除いて、穴を掘って移すだけという
簡単な作業です。

IMG_5607.jpg

4年目にして初めて植える箇所だけ草を取り除いて
植えるという自然農らしい作業です。
それだけ土が出来上がってきた証でもあります。

穴を掘ってそこにポットから植え替えるだけですから
極めて簡単な作業です。
ようやくここまでできるようになったと感慨深いものがあります。

IMG_5610.jpg

後は行灯で覆って苗が活着するまで保護してやります。


これと同じような作業を別畝で
ズッキーニを定植しました。

ゴールドラッシュという黄色いズッキーニです。

IMG_5600.jpg

IMG_5601.jpg

IMG_5602.jpg


後は普通のかぼちゃが次に控えています。

そして明日はトマトの定植です。

とりあえずここまでは順調にきています。
土が良くなってきていることを実感できるのは
本当に嬉しいことです。


ブログランキングに参加しています。
ぽちっとしていただけると嬉しいです。


人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 

サニーレタスとキュウリの定植 [自然農]

ポット育苗していたサニーレタスとキュウリの苗が
大きくなってきたので定植しました。

種から育ててここまで来るのに色々と世話をしてきたわけですが
定植が済むともう一人立ちさせます。

これからは一人でちゃんとやっていくんだよ。
もう十分その力があるんだからね。
大丈夫。
ちゃんと見守っててあげてるから。

そう送る言葉をかけておきました。

まずはサニーレタス
友人に分けてもらった種から育てたものです。
IMG_5385.jpg

植える畝は
こんもりと草の茂る畝。
IMG_5381.jpg

この畝の草を剥いで
IMG_5384.jpg
根は残して表面からざっと刈っただけです。

そして穴を開けて植えていきます。
IMG_5386.jpg

サニーレタスは半日陰でも育つので
午後から日陰になる場所に植えました。

そして草マルチをして終了です。
IMG_5406.jpg

まだ少し苗が残っているので別の場所に植える予定です。


さて次はキュウリ
品種は聖護院キュウリ
IMG_5436.jpg

温室として使っているティピー周りに植えました。
IMG_5438.jpg

IMG_5439.jpg

ぐるっと一周植えたら、なんかいい感じです。
温室のビニールをはずしたら
ティピーの支柱にネットを巻いてキュウリを這わせます。

そして最後は草マルチ
IMG_5440.jpg

草マルチする草が畑で充分賄えるように
なったことが嬉しいですね。

4年目の自然農畑はいい滑り出しです。

成長が楽しみです。


ブログランキングに参加しています。
ぽちっとしていただけると嬉しいです。


人気ブログランキング

nice!(1)  コメント(0)