So-net無料ブログ作成

種籾蒔き [米作り]

昨年から始めた米作りですが
やってみていろんな問題も見えてきたので
今年はその対策を含めて取り組んでいます。

まずは田んぼの水平が出ていないこと。
その為に本来なら不耕起でやるところを一旦耕して
水が入った時に水平出しをするべく準備をしています。

そして苗代も昨年は田んぼに畝を作って籾を蒔いて
育てましたが、今年は水平出しをするために畝もできていません。
その為に一般的なトレイを使って種籾を蒔きました。

種籾を育てる場所は自宅。
パートナーの友人と二人でその作業にかかりました。

まずは場所決め。
かなりのスペースが必要なのでどこにしようか迷いましたが
南のレンガを敷いたスペースが丁度いい面積であることが分かり
そこに決定。

ブルーシートを敷いて水がたまるようにしなけらばならないので
まずはその枠作りから。

IMG_5699.jpg
枠はレンガと板を使ってみました。
全て自宅に転がっていたものです。

そしてそこにブルーシートを敷きます。
IMG_5703.jpg

種籾は温湯消毒を済ませ
浸種すること1週間。
そして最後に発芽促進のために
40℃のお湯に一晩浸けておきました。

IMG_5623.jpg


まずはトレイに赤玉土を入れて
水をかけます。
そして種籾を蒔くために少し鎮圧して土をへこませます。
IMG_5708.jpg

初めは指で押さえていましたが
思いついたのはスティックのりの頭の部分を使うこと。
トレイの穴のサイズにぴったりはまってGoodアイデア。

その穴に種籾2粒ずつ入れていきます。
IMG_5737.jpg

理想は1粒の1本植えなのですが
昨年1本植えを実施してみて、地力が足りないため分闕もイマイチで
収量が少なかったので、今年は2本植えでいこうと
パートナーと相談して決めました。

蒔いているとちょうどいい感じで発芽している種籾が
愛おしく見えてきます。

IMG_5736.jpg
初めは1つのトレーを完成させるのに30~40分かかりましたが
慣れてくると25分くらいでやれるようになりました。

全部で37トレイ。
結局1日では終わらず翌日まで持ち越しました。

IMG_5709.jpg

IMG_5710.jpg

IMG_5711.jpg

これが1日目の終了時点の様子です。
二人で27トレーできました。
残り10トレー。

そして翌日パートナーが5トレーやってくれて
その翌日に私が5トレーやって完成です。

IMG_5738.jpg

IMG_5741.jpg


土の表面が乾かないように発芽するまでは
藁を敷いて見守ります。
発芽したら藁を取り除いて不織布で覆います。
そのままにしておくと鳥に食べられる可能性もありますので。

そんなこんなで種籾蒔きが終了しました。

いい苗に育ってくれるといいのですが。
たぶん大丈夫。
お米の命を信頼しているので。
それに私たちの思いを種籾も感じ取ってくれているはずですから。

田植えは6月に入ってから。
今年は昨年以上にいいお米ができることでしょう。
楽しみです。


ブログランキングに参加しています。
私たちの米作りを応援していただける方は
ぽちっとしていただけると嬉しいです。


人気ブログランキング

nice!(0)  コメント(0) 

種籾の温湯消毒と浸種 [米作り]

いよいよ米作りに向けて始動です。

今日は種籾の温湯消毒と浸種作業です。

温湯消毒とは稲の種籾が病気の原因となるカビや細菌に
汚染されていることがあるので、そのための消毒をするものです。

作業はいたって簡単ですが
60℃のお湯に10分間浸すというものなので
温度管理と時間を正確に計ります。

まずは昨年用意しておいた種籾がこちら
IMG_5615.jpg

IMG_5616.jpg

これをまず選別します。
選別方法は塩水に浸けて浮いたものを取り除く方法がベストなのですが
自然農の学びでは
特に塩水でなくても水でよいとのことなので
水に浸して選別します。

IMG_5617.jpg

未熟なお米が随分あるものですね。
これをかき混ぜながら浮いてくるものを取り除いて、
ネットに入れます。

IMG_5618.jpg

そしてこれを60℃のお湯に10分間浸します。

IMG_5620.jpg

お湯を沸かして60℃になったところで
ネットごと入れるのですが最初は温度が下がってしまうので
火をつけて60℃まで上げて火を止めます。

IMG_5621.jpg

ここから10分間
温度が下がりだしたら火をつけて60℃を保ちます。
もちろんタイマーを使用してきっちり10分を計ります。
時々ネットの種籾を撹拌して均等に行き渡るようにします。

神経を使いますが10分だけですので。

そして消毒が終わったら
すぐに冷水で温度を下げて水に浸します。

IMG_5623.jpg

問題はここから

基本は11~12℃の水に1週間ほど浸して
発芽を促すのですが
こちらの水では温度が15℃ほどあります。
高すぎるのも低すぎるのもよくないと教科書にはあるのですが
そんなこと言われてもできません。

まあ水に浸けて発芽するところまでやればいいでしょう
というのが私の結論。
実は昨年もこんな感じでうまくいきましたので。

とりあえず水温が上がりすぎないように
こまめに水を取り替えるという方法でやります。

一応水温は常時確認するようにします。

今日のところは水温15℃ですけど。


これで今年の米作りが本格的にスタートしました。
種籾蒔きは4/21を予定しています。

ことしもワクワクしながら
米作りを楽しみたいと思います。

ブログランキングに参加しています。
ぽちっとしていただけると嬉しいです。


人気ブログランキング


nice!(2)  コメント(0) 

今年限りの春起こし [米作り]

昨年初めてお米作りに挑戦して
美味しいお米が採れたことで、今年も張り切っています。

今年も昨年同様に不耕起でやりたかったところですが、
田んぼの水平が出ていなくて、低いところが部分的にあるため
一旦田起こしをして、水が入ってから調整をしようと決めました。

そのため、昨年脱穀が終わってから
秋起こしを手作業で進めておきましたが
ざっくり起こしただけでしたので
春起こしをしっかりやって水が入るまでに備えておこうと
一緒に米作りをしている友人と打ち合わせていました。

そして今日、その春起こしをしてきましたが、
今回はミニトラクターを借りることができて、
とてもありがたい展開になりました。


では今日の様子です。

まずは作業前の田んぼから
IMG_5292.jpg

秋は手作業で田起こししたのでかなりの時間と労力を要しました。

そして今回お借りしたミニトラクター
IMG_5309.jpg

トラクターの作業は友人担当です
IMG_5296.jpg

やっぱり機械の力はすごいですね。
あれよあれよという間に起こしていきます。

私の方はというと
土手の草刈りです。
IMG_5312.jpg

初めは大鎌で作業してみましたが、枯れた草や青々とした草など
まちまちのため、綺麗に刈りにくく
結局ノコギリ鎌で手刈りしました。

でも全部はできていません。

そして疲れたら土手の野草を写真に撮ったり
IMG_5302.jpg
友人は黙々と作業してくれました。

ありがたいですね。


では完了した様子です。
IMG_5304.jpg

綺麗にしかも細かく起こすことができました。

後は水の入るのを待って
水平出し作業です。

とりあえずまた一歩前進できました。

来年はもう田起こしすることはありません。
そして完全不耕起栽培の米作りに邁進していきます。

もちろん無農薬栽培です。



ブログランキングに参加しています。
米作り、応援していただける方は
ぽちっとしていただけると嬉しいです。


人気ブログランキング

nice!(0)  コメント(0) 

田植え定規作成 [米作り]

去年から始めた米作りですが
手植えをするのに昨年は作付け縄を利用しました。

今年もその作付け縄を利用してもいいのですが
昨年と条間や株間を変更するために
今年は田植え定規を使ってやってみようということで
試作してみました。

今年は条間30㎝株間20㎝でやってみます。
昨年は条間40㎝株間30㎝でしたから
今年の方がかなり密に植えることになります。

その訳は
不耕起栽培で無肥料無農薬で育てられるだけの土作りができていないため、
まだ成長が芳しくなく収量も少ないので
もう少し密に植えて収量を稼ぎたいという思いがあるからです。

今年の状態を見ながらまた来年はどうするか
見極めればいいのかなという思いです。

さて田植え定規です。
条間30㎝株間20㎝の格子の定規を作ればいいだけなので
簡単です。

材料は竹にしました。
IMG_4827.jpg

IMG_4826.jpg

IMG_4830.jpg

この定規で6条植えられます。
二人で作業するので一人3条分を植えながら
移動していきます。

定規の左右にロープを張って
そのロープに沿って移動していけば
真っすぐに植えられるはずです。

今年の米作りの予定は
籾蒔き 4/28
田植え 6/23~24 
稲刈り 10/13~14
脱穀  10/28

とパートナーと相談してスケジュールができています。

さて予定通りにいきますかどうか?
楽しみです。

ブログランキングに参加しています。
ぽちっとしていただけると嬉しいです。


人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 

撮影を楽しみながら田起こし終了 [米作り]

朝早く田んぼに出向いて
撮影を楽しみながら田起こしをしてきました。

今日は相棒も来てくれたので
ぜ~んぶ終わりました。

めでたしめでたしです。

これで安心して年を越せそうです。

まずは田起こし前に楽しんだ撮影から
IMG_2264.jpg
2017/12/23 Canon5DⅡ Canon EF70-200㎜ F4

IMG_2260.jpg
2017/12/23 Canon5DⅡ Canon EF70-200㎜ F4

IMG_2265.jpg
2017/12/23 Canon5DⅡ Canon EF70-200㎜ F4

田起こしする前の田んぼも霜が降りていました。
DSC_2465.jpg

DSC_2467.jpg

そしてめでたく終了
DSC_2484.jpg

DSC_2485.jpg

DSC_2488.jpg

これで来年の春まで
田んぼの作業はお休みです。

突然始めることになったお米作りでしたが
楽しく一年の作業を締めくくることができました。

田んぼにありがとう。
一緒にやっているパートナーにもありがとう。
感謝感謝の一年でした。

また来年もいいお米ができることでしょう。


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらぽちっとお願いします。


人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 

田起こしもまた楽し [米作り]

少しずつ少しずつ、
本当に少しずつ田起こしを進めています。

備中鍬でもって人力作業なので
少しずつしか進められないのは当然のこと。
一気にやれる体力もないし、
そこまで無理をする必要もないので、
まあ気楽に疲れない程度に進めています。

この田起こしをするのも今回だけのこと。
来春水を入れた後に水平調整をするための田起こしです。

それが終われば、その後一切田起こしをすることもなく
不耕起で米作りを進めていきます。
だから今回だけ。
だから人力でも頑張れるのかもしれませんね。

一回の作業はMAX2時間。
これが疲れても疲労が後に残らない時間なのです。

もう霜が降りる寒い季節ですが
作業を始めると10分もしない内に汗が噴き出てきます。
心地よい汗です。
それに少しずつ起こされた面積が広がって
起こされていない面積が狭くなってくるのを見るのもいいもんです。

休憩しながら今日はここまでやろうかと思いを巡らすのも
案外楽しいことなんですね。

「手作業で田起こしをするのは大変ですよね」
とよく言われますが、
大変だと思うと、きっと大変になるような気がしますが、
大変だと思っていないので大変ではないのです。

なんでもそうですが、気持ちの持ち方ひとつで
苦しみにも楽しみにも変わるものなんじゃないのかなと。

で、今日は日の出前に田んぼに出向いて
好きな撮影を田んぼ周辺で楽しんでから
作業に移りました。

IMG_2119.jpg
2017/12/20 Canon5DⅡ Canon EF70-200㎜ F4

IMG_2123.jpg
2017/12/20 Canon5DⅡ Canon EF70-200㎜ F4

田んぼから見る日の出です。
日の出はいつ見ても荘厳で清々しいですね。
日の出を撮影した後は周辺の枯れた野草を
おもむろに撮影しました。
結構いい写真が撮れたとニヤニヤしてます。

そんなこんなで撮影を楽しんでから
田起こしを始め、休憩しながら2時間ほど作業をして帰ってきました。

今日までにここまで田起こしが済みました。
DSC_2306.jpg

DSC_2307.jpg

DSC_2308.jpg

DSC_2309.jpg

もう少しのところまで来ています。
なんとか年内までに終わることができそうです。


次も撮影とセットで田起こししようかと思ってます。


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらぽちっとお願いします。


人気ブログランキング
nice!(1)  コメント(0) 

田起こしの続き [米作り]

一週間ぶりに田起こしの続きに汗を流してきました。

朝はこちらでは初霜の降りる寒い朝。
少し厚着をして出かけたものの
作業を始めるとすぐに汗が噴き出てきます。

備中を使った手作業なので作業ははかどりませんが
寒さを吹き飛ばす肉体労働です。

作業前の様子です。
IMG_4249.jpg

もともと不耕起で始めた田んぼなんですが
どうして田起こしをしているのでしょう?

早くも諦めた?

そうじゃないんです。

田んぼの水平が出ていなくて
水を入れると浅いところと深いところの差がかなりあるんです。

水を入れ代掻きをすれば概ね水平は保たれるのですが、
耕さず代掻きもせずにやっているので
最初気づかなかったんですね。
これまでもお米を作っていた田んぼなんだから大丈夫だろうと。

で、水平が出ていないまま初めての米作りをやったので、
来年はきっちり水平の出た美しい田んぼでお米を作りたいと思って
田起こしに踏み切りました。

今起こしておいて、来春水が入ったところで
低いところへ土を運んで水平を出そうという計画です。

全部手作業です。
そこが面白いんですね。

だからそんなに急いで田起こしをしなくてもいいのですが、
早く起こしておけば草が抑えられ、稲の切り株も早く朽ちてくれるのかな
ということで進めている訳です。

でも人力作業なので長時間の作業ができません。

すぐにへばってしまうので
無理をしない程度に進めるというスタンスでやっています。

ということで今日は2時間弱でやめにしました。
先日の作業から学んだことは
2時間までなら頑張れるということでした。

今日の作業はここまで
IMG_4252.jpg

この写真をみるとかなり出来ているように見えますが
反対側から見ると
IMG_4254.jpg

まだ全然やれていないですね。
全体の1/3くらい出来たかなというところです。

IMG_4251.jpg

まあぼちぼちやれば
そのうちに終わりますから。

こんな感じでやってます。

お手伝いしたくなった方はご連絡ください。


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらぽちっとお願いします。


人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(2) 

もうすぐ稲刈り [米作り]

朝早く田んぼの様子を見に行ってきました。

そろそろ稲刈りしてもよさそうな実り具合です。
決して豊作ではありませんが、
不耕起、無農薬、無肥料、
しかも一本植えでよくここまで育ってくれたと
感謝したいですね。

初めての米作りから学んだことは多く
また来年に生かせることも多々あります。

とりあえず今朝の田んぼの様子です。

IMG_3207.jpg

IMG_3211.jpg

いい色づきです。

IMG_3212.jpg

育てている品種は
メインが自然農の先生から分けていただいたアキタコマチ(上)。

そして一部があさひ(下)
IMG_3203.jpg

IMG_3217.jpg

IMG_3214.jpg

あさひは2本植えしています。

そして黒米(下)
IMG_3205.jpg

IMG_3213.jpg

お米にもいろんな品種があって
それぞれ特徴があります。
やはり食べるものなので美味しいお米がいいですね。
そして無肥料、無農薬でも丈夫に育つお米がいいと
勝手なことを思っています。
まあこれからいろいろと学んでみたいと思っています。

最後に自宅で観察してきたバケツ米の様子を。
DSC_0002.jpg

DSC_0003.jpg

DSC_0008.jpg

分闕25、出穂確認できたのが22株。
理想は分闕30だったのですが。

一房に付いているお米の数を確認すると
65~80くらい。
この数字から田んぼに植えた苗の数から計算すると
収穫は120㎏くらいかなという予想です。

さて、稲刈りをいつにするか、
一緒に米作りをしている友人と相談です。


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらぽちっとお願いします。


人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 

ここまで育ったよ [米作り]

田んぼに出向いて
お米の成長ぶりを見てきました。

知識も経験もないままいきなり始めた米作り。
しかも不耕起で代掻きもやらず、
無肥料、無農薬栽培。

どうせ草に負けるのが落ちでしょう。
うまくいく訳がないというのが世間的な声なんでしょうね。

それでもとにかくやってみました。
うまくいかなければ来年に生かせばいい。

そんな気楽な気持ちだったし、
むしろどんな風になるかワクワクしながらやってきた
というのが正直なところなんですね。

それでは今日現在のお米の様子です。

IMG_1377.jpg

どうでしょうか?
ちゃんとお米になっていますよね。
嬉しいですねえ。
ここまで育てば、とりあえず何某かの収穫はありそうですね。

もちろん慣行農法のような収量は望むべくもないのですが、
機械や農薬を使わない、こんなやり方でも
お米が採れることを実証できれば、それだけでうれしいですね。

IMG_1378.jpg

株間30㎝、条間40㎝の一本植えでやりましたが、
たった一本がこんな風に何本にも分闕するんですね。
間近に見て体験するのは初めてでしたので、
これだけでも感動ものでした。

描いていた理想は30本以上に分闕することでしたが
そこまでは行っていないようです。
ざっと見て20本、多いもので25本くらいでしょうか。
それでもよく育ったと褒めてやりたいですね。

IMG_1375.jpg

IMG_2929.jpg

最初と2枚目の写真はあきたこまちで、
これはあさひという品種です。
少しだけ作っています。

そして下の写真が黒米。
IMG_1373.jpg

IMG_2922.jpg

これも僅かしか作っていませんが、
2週間遅れで植えたので成長が遅れていましたが
出穂して黒米らしくなってきました。

そして全体の様子です。
DSC_8731.jpg

IMG_2923.jpg

IMG_2926.jpg


それではこれまでの経過を振り返ってみたいと思います。

IMG_1834.jpg
田植え当日の写真です。

耕さずにやっているので昨年の切り株が残っているのが見えます。

IMG_1895.jpg

IMG_1955.jpg

田植えは6/9~6/10
二人で二日かかりました。
一本植えなので隙間だらけですね。

IMG_2455.jpg
田植えから1か月後の様子です。

IMG_2586.jpg

IMG_2629.jpg

暑くなってから急に成長が早まった感があります。
7/27には出穂が始まっていました。

DSC_8188.jpg

IMG_2933.jpg

よくここまで育ってくれたと思います。

さて、いつ稲刈りになるのでしょう?
楽しみは益々膨らんでいきます。


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらぽちっとお願いします。


人気ブログランキング

nice!(0)  コメント(0) 

田んぼの様子  [米作り]

今年から友人と二人で始めた米作り。
その様子を見てきました。

自宅の近くなら毎日覗くことができますが
車で30分かかる場所なので時々覗きに行く程度なんですね。

そもそも米作りを始めたのは
不耕起で無農薬、無肥料でお米を作りたいからで、
最初からうまく作ろうなんて思いはなく、
試験栽培みたいな感覚で始めました。

経験もなく知識もないまま、いきなり始めてしまったという
冒険みたいなものなので、やりながら考えるしかなく
友人と二人でああでもないこうでもないと相談しながらやってきました。

さて今日8/13現在の田んぼの様子です。

DSC_8189.jpg

DSC_8186.jpg

DSC_8190.jpg

田植えが6/9~6/10。
株間30㎝、条間40㎝の一本植え。
もちろん手植えです。

率直な印象を言えば
よくここまでやれたという思いと
もう少し成長してほしかったという思いが交差しています。

まあ昨年まで慣行農法で米が作られていた田んぼで
春に耕すこともなく、代掻きをすることもなく、
もちろん肥料も入れず、無農薬でやってきたわけなので
こんなものかなとも思えるし、
こんなに育つんだという思いも巡ります。

DSC_8194.jpg

DSC_8195.jpg

DSC_8191.jpg

少し拡大してみるとこんな感じです。
分闕は多いもので30本くらいありますが全体的には20本前後。
理想は30本以上なんですが・・・

ここまでやってきていろんな課題が見えてきました。

① 苗づくりの時期と場所
② 田植えをする時に苗の根を傷めない工夫
③ 田植え時にフラットな状態にして均一の深さに植えること
④ 浅植えは根上がりするし深植えは分闕が悪くなる
⑤ 今年は1本植えしたが2本植えも検討してみる
⑥ 理想は冬にも水を入れることだが、水が入らないのでどうするか?
⑦ 除草は早めにやる
⑧ 米の品種を検討してみる
⑨ 畔の草をきれいに刈る

まだまだこれから出てくる課題もありそうですが
まずは観察して次に生かすこと。
これしかないですね。

メインのアキタコマチです
IMG_1013.jpg

あさひです
IMG_1014.jpg

そして黒米です(右)
DSC_8196.jpg

そして最後は自宅で育てながら観察している
バケツ米(アキタコマチ)です。

IMG_0965.jpg

IMG_0966.jpg

IMG_0967.jpg


さて、この後どんな風に実ってくれるのでしょう?
楽しみです。


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらぽちっとお願いします。


人気ブログランキング


nice!(0)  コメント(0)