So-net無料ブログ作成

ラブラブのヒマとナッツ [猫]

Facebookではたま~に我が家の猫が登場していますが
ブログでは紹介したことがありません。

今日、ラブラブの二匹の様子を写真に撮ったので
ならば少し猫写真を紹介してみようという気になりました。

以前は野草のホームページに合わせて
犬と猫のページも作っていたこともあって
犬や猫の写真を撮ることも好きなんですね。

いま我が家で飼っている猫は三匹。
白い毛並みの雌猫モモちゃんと
茶トラの兄妹猫のヒマちゃんとナッっちゃんです。

今日紹介するのはヒマとナッツ。
いわゆる捨て猫で我が家で引き取って育てた猫です。
白猫のモモも捨て猫です。

ヒマとナッツがやってきたのは2011年の6月なので
今は6歳半ですね。
栄養失調のような状態でやってきましたが
すぐにすくすくと成長してくれました。
いつも仲良しで遊んでいましたので二匹の様子を見ているだけで
愉快で愉快で写真もその頃はよく撮っていました。

そのヒマとナッツは今も仲良しで
よく一緒に寝ています。
お互いに舐めあっていることが多く
今日はその写真を撮ってみたという訳なんですね。

でその写真がこちら

まずはオス猫のナッちゃんがヒマちゃんを舐めているところ
IMG_2487.jpg

そして今度はメス猫のヒマちゃんがナッちゃんを舐めているところ
IMG_2543.jpg

そしてお互いに舐めあっているところ
IMG_2544.jpg

抱き合って舐めています。
ほとんど毎日見ている光景です。

微笑ましくっていい光景ですね。

それでは2匹がまだ小さい頃の写真を見てください。

11 07 12 061.jpg

11 07 24 761.jpg

11 07 24 759.jpg

じゃれあっている姿もたまんないですね。

そして少しだけ大きくなった時の写真です。
20110828ナッツとヒマワリ他D80 019.jpg

20110828ナッツとヒマワリ他D80 004.jpg

20110828ナッツとヒマワリ他D80 002.jpg

20110910ナッツとヒマワリ他D80 022.jpg

DSC_0034.jpg

DSC_0028.jpg


今でも可愛いのですが
この頃の可愛さは格別でした。

猫写真はいっぱいあるのでご希望があれば
もう少し紹介してみようかなと思っています。


ブログランキングに参加しています。
ぽちっとしていただけると嬉しいです。


人気ブログランキング

nice!(0)  コメント(0) 

七草がゆの材料集め

今日は1月7日
七草がゆを食べる日ですね。

それではと七草がゆの材料を集めようと
近所で探してみました。

「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、
すずな、すずしろ春の七草」と覚えてきましたが、
せりとなずなはいいとして
ごぎょうが分かりにくいですね。
実はごぎょうはハハコグサのことです。
そしてはこべらはハコベで
ほとけのざはいわゆるホトケノザではなくコオニタビラコのこと。
紛らわしいですね。

そしてすずな、すずしろは蕪と大根のことですので
どうしてここに野菜が入ってくるのか少々疑問が残りますが
まあいいでしょう。

そもそも七草がゆを食べるのは
無病息災を願う行事のようですが、
お正月のお節料理の祝膳や祝い酒で疲れた胃を労わる意味合いもあるようですね。

本来は朝食べるもののようですが
まあそこはあまりこだわらないことにして
夜食べるべく調達に出向いたという訳です。

揃った七草がこれ
DSC_2670.jpg

DSC_2672.jpg

この内、外で見つけてきたのが
せりとごぎょう(ハハコグサ)とほとけのざ(コオニタビラコ)。
他は自分の畑からの採取です。

この中で一番見つけにくいのがせり。
昔は田んぼの縁にはどこにでも生えていましたが
今では除草剤の影響でほとんど見られなくなりました。

そしてかろうじて見つけたのがこれ
DSC_2654.jpg

泥でかなり汚れた状態のものでしたが、なんとか採取できました。

ごぎょう(ハハコグサ)とほとけのざ(コオニタビラコ)も
この時期見つけるのはなかなか難しいのですが、
生えている場所を知っているのでこちらは難なくゲット。
DSC_2662.jpg

DSC_2661.jpg

残りは畑に生えているのでばっちり

はこべら(ハコベ)正確にはこれはコハコベです。
DSC_2667.jpg

なずな 食材的にはこれが一番おいしい
DSC_2665.jpg

すずなとすずしろは蕪と大根なので
畑から小さなものを抜きました。

そんな訳で無事七草がゆの材料が調達できました。

食べるのは今夜になります。

さて家内がどんな七草がゆにアレンジしてくれるか
楽しみです。


ブログランキングに参加しています。
ぽちっとしていただけると嬉しいです。


人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 

ティピーの作り直し [自然農]

3年前に畑に作ったティピーの作り直しをしました。

さすがに3年経つと竹も弱くなってきて
一部折れかけている個所もあったので
思い切って作り直すことにしました。

これが作り直す前のティピーです。
IMG_4652.jpg

そもそもこのティピーは
春はビニールをかけて育苗用の温室として利用し、
その後はネットを張ってつる性の野菜を這わせるために利用してきました。
ティピーの中と外に円形の畝を作って
野菜を育てるのは普通の畝で育てるより面白く楽しいものです。

ではざっくりと作り方を紹介します。
材料の細竹はお正月に家内の実家に生えているものを
切ってきたものです。

IMG_4657.jpg

使うのは9本。
本当はもっと太くて長い竹を利用して大きなティピーを作りたいのですが、
私の車で積める竹の長さにも限度があって
これが限界の長さです。
と言うか細竹だとこれくらいがちょうどいいのかなとも思っています。

IMG_4658.jpg

竹の下は土に差し込むため斜めに切って尖らせます。

IMG_4659.jpg

9本の内、太くて頑丈そうな3本を選んで
上の方を縄やロープで縛ります。

それを開いて正三角形の位置に差し込みます。

9本の竹を刺し込む位置はあらかじめ決めておくといいですね。

最初に3本差し込んで位置が決まったら
次に間に1本ずつ組んでいきます。
その時開いた竹の間に乗せるのではなく
下から組んで1本ずつロープでぐるっと巻いて固定していくのですが
写真を撮り忘れました。

IMG_4661.jpg

仕上がるとこんな感じなんですが。

そして完成です。
IMG_4660.jpg

仕上がったティピーのサイズは
直径2m高さ2mです。

中と外の畝が少し崩れているので
手直しして春を待ちたいと思います。

そしてついでにティピーに巻く温室用のビニールも
新調しようかなと思っています。

さて今年はここで何を作りましょう?
そんなことを考えていると春が待ち遠しくなります。


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらぽちっとお願いします。


人気ブログランキング
nice!(1)  コメント(0) 

干し芋完成 [干し芋]

年末に仕込んだ干し芋が完成して
美味しく頂いています。

蒸して切って干すという極めて簡単な作業なのに
これだけ美味しい干し芋ができるとは驚きです。

IMG_4647.jpg

でも買うと高いんですよね。
干し柿と一緒です。

そんなに手間がかかるとも思えないのに
どうして高いのかなあと思ってしまいます。

まあやっぱり自分で作るのが一番ですね。

オーブンで少し焼いてから食べると最高です。

まだサツマイモがあるのでもう一度作ろうかと思います。


ブログランキングに参加しています。
干し芋大好きな方はぽちっとお願いします。


人気ブログランキング

nice!(0)  コメント(0) 

元日の畑 [自然農]

明けましておめでとうございます。

今年も畑に田んぼにがんばるぞ~と
意気込んでいますが、
たぶん頑張ることもなく、
自然体で野菜やお米たちの成長に寄り添いながら
マイペースでやっていくのかな、なんて思っています。

元日の朝は矢作川から初日の出を撮影して
気分よく戻ってきてから、
畑の様子を二階の窓から眺めてみました。

IMG_4590.jpg

穏やかな元日らしい陽ざしが畑全体を包んでいました。
昨年秋に新しい畝(左の太い畝)を作って
ほぼ畑全体に作物を育てる環境ができました。

さてここに何を植えていきましょう。
昨日は種の整理をしながら
新春の種蒔きに思いを馳せたところです。

畑の基本は土作り。
野菜が育つステージ作りです。
耕さない、肥料もやらない自然農流の土作りです。

草を生やし虫たちを生かしつつの土作りには時間がかかります。
自然農を始めた時、土作りには最低3年かかると言われました。
その3年がようやく過ぎました。

着実に土が肥えてきていることを
作物の成長から教えられています。

楽しみな4年目の畑です。
今年も畑の様子を中心にブログ更新していきます。

もちろん自由人として楽しんでいる
山登りや野草の撮影、農的暮らしなども
アップしていきたいと思います。

今年1年もよろしくお付き合いください。

野草の写真などは
もう一つのブログ<野の花の散歩道>
http://happysanpo.blog.so-net.ne.jp/
に載せていきますのでそちらの方も
よろしくお願いします。

ブログランキングに参加しています。
今年もぽちっとお願いします。


人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 

イチゴの紅葉 [紅葉]

イチゴの葉が紅く色づいています。

昨年はこんなに紅くならなかったのに
今年は鮮やかです。

DSC_2528.jpg

DSC_2530.jpg

秋に植え替えをしなきゃと思っていて
タイミングを逃してしまいました。

まあいっか。

また来年も気ままに畑をやろうと思っています。

応援よろしく!


農業・畜産ランキング
nice!(0)  コメント(0) 

干し芋づくり [干し芋]

思い立って今日は干し芋づくり。

年末の大掃除も済んでいないのに
思い立って別のことをしちゃいかんでしょと
後の方から声が聞こえてきたような気もしましたが
いいのいいのと取り掛かりました。

いただいたサツマイモが沢山残っているのを見て
今なら干し芋だよねえとどこからともなく
声が聞こえてきました。

さてと
干し芋は蒸かして切って干すだけと
超簡単なので工夫することが何もありません。

そんな訳でその気になりさえすれば
誰でもできる冬ならではのご馳走です。

今回使った芋がこれ
IMG_4534.jpg

左が紅あずまで右が安納芋。

IMG_4536.jpg

蒸かし終わって皮を剥いて
縦に1㎝幅くらいにスライスします。
上の写真は紅あずま。

そして安納芋はオレンジ色が強いですね。
IMG_4537.jpg


これをネットの中に入れて
軒先に吊るしておけば4~5日で
美味しい干し芋ができるはず。

IMG_4544.jpg

IMG_4543.jpg

猫がまどろみながら見守ってくれていました。

ちょうど寒波が来ていて
風も強い日が続いているので
干し芋づくりには絶好の条件ではないかと思ってます。

完成したら
またレポートですね。

ブログランキングに参加しています。
よろしかったらぽちっとお願いします。


農業・畜産ランキング
nice!(0)  コメント(0) 

たねの森 [自然農]

たねの森さんから2018年の種子カタログが届きました。

IMG_4525.jpg

私が自然農を始める時から利用させてもらっている
お気に入りのたね屋さんです。

無農薬、無化学肥料で育てられた野菜の種だけを
取り扱うところは非常に少なく、
だからこそ安心して利用できるたね屋さんなんですね。

もちろん固定種や在来種ばかりです。

IMG_4526.jpg

カタログを開くと様々な野菜の種があって
眺めているだけでも楽しくなってきます。
初めの年はナスやキュウリやトマトなど
一般的な野菜の種を一通り仕入れて栽培しましたが、
慣れてくるとあれもこれも栽培してみたい衝動に駆られてきます。

IMG_4527.jpg

自然農では無農薬はもちろんですが、
化学肥料も一切施しません。
一部たい肥を利用される方もありますが
私はたい肥も入れずにここまでやってきました。

草や虫を敵としない自然農の精神を貫き、
畝を作った後は一切耕すこともせずにやってきました。
自然な形で土が肥えてくるのを信頼しながらやっています。

そんな畑に応えてくれるのが
無農薬、無化学肥料で育てられた種なんですね。

実際にこれまで3年間自然農を実践してみて
それなりに美味しい野菜が収穫でき、
年々同じ野菜が大きく育つようになってきている姿を見ると
土が良くなってきていることを実感しています。

一般的な畑では耕すことが当たり前だし
肥料をやることも大前提の野菜作りです。
F1と言われる交配種の野菜は大きくて粒ぞろいの野菜が
収穫できますが、種を取っても翌年同じように
出来ません。
だから種は毎年買うものになってしまいます。
苗を買っても同じことですね。
しかも販売されている苗のほとんどは農薬が施されています。
家庭菜園で自分は無農薬で育てているから安心だという方もいらっしゃいますが、
育苗の段階で農薬が入っていることを知らなければいけませんね。

IMG_4528.jpg

上の写真はたねの森さんから仕入れた種の一部ですが、
この中にはもう種をつないで3年目になるものも多くあります。

自家採種してつなぐことができるのは
お金がかからないことだけでなく、
年々自分の土地にあった野菜に変化して
固定種の種がさらに自分の畑に合った種に固定化されていきます。

野菜を育てる楽しみは
種を蒔くことから始まって
種を採種するところまでかなと思います。

そしてその種でまた来年も楽しめます。
つまりずっとずっと楽しめるんですね。

さて2018年のカタログを見ていたら
まだ作ったことのない野菜や品種が一杯あります。

何を作ってみようかなと考えるのも楽しいですね。
そしてどこの畝に植えてみようか思いを巡らすのも楽しいものです。

正月の間にゆっくり考えて
2018年の栽培計画を立ててみようかな。


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらぽちっとお願いします。


農業・畜産ランキング


nice!(0)  コメント(0) 

撮影を楽しみながら田起こし終了 [米作り]

朝早く田んぼに出向いて
撮影を楽しみながら田起こしをしてきました。

今日は相棒も来てくれたので
ぜ~んぶ終わりました。

めでたしめでたしです。

これで安心して年を越せそうです。

まずは田起こし前に楽しんだ撮影から
IMG_2264.jpg
2017/12/23 Canon5DⅡ Canon EF70-200㎜ F4

IMG_2260.jpg
2017/12/23 Canon5DⅡ Canon EF70-200㎜ F4

IMG_2265.jpg
2017/12/23 Canon5DⅡ Canon EF70-200㎜ F4

田起こしする前の田んぼも霜が降りていました。
DSC_2465.jpg

DSC_2467.jpg

そしてめでたく終了
DSC_2484.jpg

DSC_2485.jpg

DSC_2488.jpg

これで来年の春まで
田んぼの作業はお休みです。

突然始めることになったお米作りでしたが
楽しく一年の作業を締めくくることができました。

田んぼにありがとう。
一緒にやっているパートナーにもありがとう。
感謝感謝の一年でした。

また来年もいいお米ができることでしょう。


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらぽちっとお願いします。


人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 

クリスマスの前に燻製作り [燻製]

久しぶりの燻製作りです。

クリスマスも近いことなので
鶏肉を燻製しようということで
我が家の燻製では定番の鶏むね肉とささみ肉を
燻製することにしました。

どちらも特売のかなり安い肉を使います。

実はクリスマス前に燻製を作ろうと決めたのは少し前のことで、
大好きなベーコンも作ろうと前もって準備がしてありました。
塩やスパイスを摺りこんで一週間ほど冷蔵庫で寝かせてありましたので
そろそろいい頃だったんですね。

ついでに他にも何か燻製しようと決めたのが
スモークサーモンと
たまたまスーパーで見かけたゲソ。
そしてプロセスチーズとアーモンド。
さらにお醤油という取り合わせです。

先に完成した燻製を見てもらいましょう。

DSC_2450.jpg
一週間前から準備をしていたベーコンです。

いい色に仕上がりました。
今朝2時間ほど流水で塩抜きをしてから
ネットに入れて5時間ほど乾燥させ
さらに燻製機で熱乾燥30分させました。

そこからチップを仕込んで燻製スタートで
70℃前後の温燻で2時間燻製しました。

たぶん美味しいはずです。
一晩寝かせてから明日食べてみます。

DSC_2456.jpg
鶏むね肉とささみ肉です。

どちらも前夜にソミュール液に浸け
朝塩抜き後、風乾燥させてから燻製に入りました。
ベーコンと一緒にやりましたので
乾燥時間も同じです。

これも抜群に美味しい燻製で
安いもも肉が高級ハムに変身します。
ささみ肉もしかり。
早く食べたいところです。

DSC_2452.jpg
スモークサーモンです。

鮭の鮮度のいいものがあればと思っていたら
たまたまスーパーで売り出されていたのを買ってきました。
日本酒が進む味のはずです。

DSC_2454.jpg
ゲソです。

タコかイカもやりたいと思っていたのですが
高いのでたまたま目に付いたゲソをやってみることにしました。
ゲソを燻製にするのは初めてですがこれも美味しいはずです。

DSC_2460.jpg
スモークチーズです。

これは毎回必ずやる材料で
その美味さは折り紙付き。
信じられないほど美味しいチーズになります。

DSC_2458.jpg
そしてアーモンド。

今回はかぼちゃの種もあったので一緒に燻製してみました。
チーズ同様、ミラクルな味になります。
燻製の香りが立ってつまみ出すと止まらなくなります。

IMG_4465.jpg
お醤油です。
入れる容器がなかったので急須に入れました。

お醤油も燻製の香りによって独特なうま味になって
卵かけご飯なんか最高です。

酢やオリーブオイルやマヨネーズなども
燻製すると同様に美味しくなります。

DSC_2449.jpg
そしてこれが今日の燻製の全貌です。

仕込み等や準備などに多少手間がかかりますが
この美味しさを知ると
病みつきになります。

燻製前の材料もずらっと並べておきます。

IMG_4445.jpg

IMG_4444.jpg

IMG_4448.jpg

IMG_4447.jpg

IMG_4446.jpg

そして今回使ったチップがこちら
IMG_4451.jpg

IMG_4452.jpg

燻製機に仕込んだところです。
IMG_4449.jpg


燻製の温度は70℃前後
IMG_4459.jpg

少し上部に隙間ができて煙が漏れてきたので
次回までに手直しします。


そして完成した写真です。
IMG_4461.jpg

飴色にいぶされた姿を見ると
もうたまらないですね。

久しぶりの燻製でしたが
一旦やると続けてやりたくなるものです。

たぶん年明け頃にまたやりそうな予感がします。


ブログランキングに参加しています。
よろしかったらぽちっとお願いします。


人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0)